2012年08月16日

指ヶ浜の間寛平さん、午後0時45分

8月16日の朝、大川小学校の前で「KANPEI みちのくマラソン」というステッカーを貼った中型のバンを見かけた。 そういえばコメディアンの間寛平さんが被災三県をマラソンで廻るというニュースを聞いたような気がするな、程度に思っていたところ、国道398号線(リアスブルーライン)を石巻市雄勝町から女川町に向かう途中、観客のいない山の中を求道者のように黙々と走る本人に出会った。 そこで女川町の指ヶ浜に先回りして寛平さんを待った。 2012_0816_124553-IMG_7761.JPG 指ヶ浜から雄勝町方面を見る。 2012_0816_124555-IMG_7762.JPG ..
posted by 神宮威一郎 at 12:45

2012年08月16日

分浜・五十鈴神社、午前11時55分

宮城県神社庁の「県内神社の紹介」では、分浜(わけはま)の五十鈴神社は次のように説明されている。 ------ 鎮座地: 宮城県石巻市雄勝町分浜字分浜238 主祭神: 天照皇大神 例祭日: 10月21日 由緒: 室町時代の応永31年(1424)の文書に「わけ之神めいの宮」と記されているが、その創祀のことはわからない。慶長9年及び延宝2年再建された社殿は天保8年山火事によって全焼。嘉永4年に至って建てられ明治に至り、同5年旧社名を改め村社に列せられた。 宮城..
posted by 神宮威一郎 at 11:55

2012年03月25日

大川小学校の裏山再訪(その4)、午後0時40分

【更新日:2013年3月23日、浄水場の写真追加】 大川小学校関係の新聞記事やネット情報を見ると、「裏山」の安全度に関する地元の人の評価が異なっているが、これは「裏山」の範囲が明確でないためと思われる。 人によって微妙に異なった場所を大川小学校の「裏山」と把握していて、それを現地の地形を知らないマスコミ関係者が分析しないまま報道し、混乱を増幅させている。 (A)体育館裏の杉林、(B)斜面を切り崩した草付き、(C)竹藪、(D)竹藪の西の杉林、といった具合にゾーンを分け..
posted by 神宮威一郎 at 12:40

2012年03月16日

南三陸町・戸倉小学校(その1)、午後2時30分

【追記:2012年7月11日】 大川小学校の問題を検討する上で、戸倉小学校は比較対象として最も重要な事例と考える。 雄勝小学校や相川小学校の場合、裏山の傾斜は大川小学校の「裏山」より急であったが、逃げる場所はそこしかなかった。 逃げる必要があると判断した時点で、逃げる場所は自動的に決定された。 しかし、戸倉小学校の場合、三階建ての校舎に屋上があり、所定のマニュアルでも屋上に避難することになっていたので、屋上に行きさえすれば、結果的に児童全員が死亡したとしても教員の責任..
posted by 神宮威一郎 at 14:30

2012年01月23日

十三浜長塩谷・春日神社、午後3時

2012_0123_145646-IMG_2265.JPG 北上総合支所から国道398号線(神割ロード)を神割崎方面に向かって1キロほど行くと長塩谷の集落がある。 「白浜トンネル」入口のすぐ手前に春日神社が鎮座する。 2012_0123_145648-IMG_2266.JPG 瓦礫はほぼ撤去されていたが、十数名の人がビニール袋を持って何やら作業をしていた。 2012_0123_145712-IMG_2268.JPG 2012_0123_145723-IMG_2269.JPG 多数の板碑が無造作に置かれている。 私は板碑のことはよく分からないが、梵字の字体と彫り方を見る限り、意外と古いものなのではないかと感じる。 詳しい方はご教示願います。(要拡大) 2012_0123_145732-IMG_2270.JPG 2012_0123_145746-IMG_2271.JPG 2012_0123_145801-IMG_2272.JPG ..
posted by 神宮威一郎 at 15:00

2011年12月29日

更新情報

雄勝町水浜・作楽神社 投稿日:2011年12月29日(木)21時11分43秒 同じく9月18日に参詣した「雄勝町水浜・作楽神社」をアップしました。 ここは例年10月17日に「雄勝法印神楽」が奉納されているそうですが、今年は無理だったようですね。 石巻近辺には作楽(さくら)神社という名称の神社が多く、祭神は概ね木花咲耶姫となっていますが、神仏分離前は観音を祀った修験のお堂だったのではないですかね。 http://chingokokka.sblo.jp/artic..
posted by 神宮威一郎 at 21:11

2011年12月24日

雄勝町名振浜、午後4時

「宮城歴史資料保全ネットワーク」のネットニュース100号(4月6日号)に紹介されていた雄勝町名振浜の永沼家付近の現状。 http://www.miyagi-shiryounet.org/03/news/2011/2011news_april.html#100 斎藤善之・高橋美貴編『近世南三陸の海村社会と海商』(清文堂出版)に、名振浜・永沼家についての詳しい研究が載っている。以下、宮城学院女子大学教授・菊池勇夫氏の同書への書評を引用。 --------- 南三陸..
posted by 神宮威一郎 at 16:00

2011年12月22日

雄勝町大浜・石神社・葉山神社(その2)、午後3時

2011_1222_145338-IMG_7908.JPG 前回訪問時(8月)に較べると、被災建物の解体が若干進んだのみ。 「雄勝法印神楽復興支援金要綱」では「使途内訳」として、 -------- 旧雄勝町(現石巻市)に伝承されている雄勝法印神楽の震災復興 ・流失した神楽道具、音響設備、神楽師の衣装の購入 ・東日本大震災により損傷した神楽道具の修繕 ・津波で流出した神楽舞台の購入、修繕 ・雄勝法印神楽復興祈念公演(仮)に係るもの ・その他雄勝法印神楽震災復興に必要と思われるものの購入 ・旧雄勝町の災害復興 ・余..
posted by 神宮威一郎 at 15:00

2011年12月22日

雄勝町大浜・石神社・葉山神社(その1)、午後2時50分

「雄勝法印神楽」を伝承する大浜の石神社・葉山神社。 前回訪問時の様子はこちら。(↓) http://chingokokka.sblo.jp/article/51340982.html 星亮一氏のサイトによれば、読売新聞2011年6月25日に以下の記事があるとのこと。 ----------- 古文書救出に奔走  東日本大震災で被災した古文書の救出活動に、NPO法人「宮城歴史資料保全ネットワーク」(仙台市青葉区)が取り組んでいる。梅雨によるカビ被害も懸念される..
posted by 神宮威一郎 at 14:50

2011年12月22日

雄勝町明神・塩釜神社、午後2時30分

2011_1222_143441-IMG_7870.JPG 例年4月25日に「雄勝法印神楽」が奉納される明神地区の塩釜神社。 神社の建物は高台にあるため無事だったが、明神地区は津波のため大半の家屋が全壊。 2011_1222_143543-IMG_7871.JPG 「湯殿山」 「山神」 2011_1222_143619-IMG_7872.JPG 石段の傾斜はかなり急。 2011_1222_143738-IMG_7873.JPG 立派な社殿。 2011_1222_143745-IMG_7874.JPG 「山神」 2011_1222_143820-IMG_7877.JPG 2011_1222_143838-IMG_7878.JPG 子供を抱く女性的な石仏。 帽子もなかなかお洒落。 2011_1222_143846-IMG_7879.JPG 「西方無量寿仏」 2011_1222_143902-IMG_7880.JPG 2011_1222_143925-IMG_7881.JPG 2011_1222_144019-IMG_7882.JPG 2011_1222_144046-IMG_7883.JPG 8月の訪問時には崩壊しており危険だったが、応急修理済。 2011_1222_144226-IMG_7884.JPG 防波堤から振り返る..
posted by 神宮威一郎 at 14:30

2011年12月22日

仮設商店街「おがつ店こ屋街」、午後2時10分

旧雄勝総合支所前の仮設商店街「おがつ店こ屋街」。 「てんこやがい」ではなく、「たなこやがい」。 以下、2011年11月20日付『河北新報』より。 --------- 石巻・雄勝に仮設商店街開設 スーパーなど11店舗  震災で被災した店舗が入る仮設商店街「おがつ店こ屋街(たなこやがい)」が19日、宮城県石巻市雄勝町 旧雄勝総合支所前に開設された。石巻かほく商工会が、中小企業基盤整備機構の支援を受けて整備を進めた。  仮設商店街は、軽量鉄骨2階建ての延べ床面..
posted by 神宮威一郎 at 14:10

2011年12月22日

雄勝町・新山神社、午後1時45分

2011_1222_134547-IMG_7806.JPG 石巻市雄勝町雄勝の新山神社。 例年10月19日に「雄勝法印神楽」が奉納されるというが、さすがに今年は無理だった模様。 来年はどうなるのか。 参考:「雄勝法印神楽保存会」公認サイト「法印神楽な奴」 http://www.geocities.jp/hoinkagura/maturi.html http://www.geocities.jp/hoinkagura/ 2011_1222_134607-IMG_7807.JPG 後ろは雄勝小学校。 新山神社の石材は、石段・敷石を含め全て名産の雄勝石。 高級硯にも用..
posted by 神宮威一郎 at 13:45

2011年12月06日

釜谷・観音寺、午後0時45分

観音寺には大般若経六百巻が所蔵されていたが、津波で流出し行方不明。以下、「大般若経巡行」に関する『石巻河北新報』の記事を引用。リンク先には掲載日が「2010年1月4日」とあるが、これは2011年の誤記。 ------------ ■経文担ぎ男衆練り歩く 石巻・釜谷 「大般若経巡行」 伝統300年正月行事 家内安全、息災祈る  石巻市釜谷地区に、江戸時代から伝わる正月行事の「大般若経(だいはんにゃきょう)巡行」が3日に行われた。跡取りの男性たちが大切な..
posted by 神宮威一郎 at 12:45

2011年12月06日

新北上大橋・南側、午後0時30分

2011_1206_123122-IMG_5561.JPG 新北上大橋の南側の交差点。 左が雄勝方面、右の川沿いが桃生方面。 2011_1206_123206-IMG_5562.JPG 2011_1206_123229-IMG_5563.JPG 右は大川小学校の横を通って長面浦方面。 2011_1206_123236-IMG_5564.JPG 2011_1206_123323-IMG_5565.JPG 大川小学校の児童が避難の目標にした地点。 地元での通称は「三角地帯」。 大川小学校・中学校卒業生の有志が運営するサイト、「オリオンの311の星」に「三角地帯」の説明と付近の往時の風景を撮った多数の写真が載っている。 http://www.orion311.com/ http://www.orion311.com/kamay..
posted by 神宮威一郎 at 12:30

2011年09月18日

雄勝町水浜・作楽神社、午後3時20分

『宮城県の地名』(平凡社)によれば、慶長16年(1611)11月23日、ビスカイノが雄勝に入港し、同港手前の水浜をサン・ヂエゴ(San Diego)と名づけたとのこと。 雄勝は「レムス」と勝手に命名したのだそう。 ビスカイノ(Vizcaino, Sebastian)は以下のような人物。(『朝日歴史人物事典』) 「生年: 生年不詳  没年: 1615 (1615) スペイン人探検航海家。ウエルバ出身。若くして新イスパニヤ(メキシコ)に渡り,1586〜89年フィリピン..
posted by 神宮威一郎 at 15:20

2011年09月11日

釜谷・観音寺、午前9時

2011_0911_091033-IMG_9941.JPG 県道238号線(釜谷大須雄勝線)から見た観音寺跡。 2011_0911_091223-IMG_9950.JPG 2011_0911_091229-IMG_9951.JPG 2011_0911_091303-IMG_9954.JPG 寺とはあまり関係なさそうな雑多な遺物。 2011_0911_091237-IMG_9953.JPG 少し離れたところにある石碑等。 2011_0911_091636-IMG_9963.JPG 2011_0911_091646-IMG_9964.JPG 2011_0911_091415-IMG_9959.JPG 2011_0911_091659-IMG_9965.JPG 石碑等のある位置から寺名を刻んだ額のある方向を見る。 2011_0911_091702-IMG_9966.JPG 遠方の山際にて警視庁による行方不明者捜索活動が行われている。 2011_0911_091316-IMG_9955.JPG 2011_0911_091320-IMG_9956.JPG 2011_0911_091331-IMG_9957.JPG 2011_0911_091342-IMG_9958.JPG 2011_0911_091517-IMG_9960.JPG 2011_0911_091528-IMG_9961.JPG 2011_0911_091707-IMG_9967.JPG 釜谷診療所。 2011_0911_091709-IMG_9968.JPG 観音寺から県道に向かって左方向。 大川小学校と釜谷診療所が見える。 ..
posted by 神宮威一郎 at 09:00

2011年09月11日

長面(ながつら)集落、午前6時30分

【投稿日2012年1月28日】 2011_0911_061904-IMG_9603.JPG 大川小学校のある釜谷から県道238号線(釜谷大須雄勝線)を長面浦方面に進む。 「釜谷霊園」を越えて「谷地中」という地区に入ったあたり。 地図では両側が陸地のはずなのであるが、まるで橋のようになっている。 正面右のこんもりした部分が尾崎地区。 2011_0911_061926-IMG_9605.JPG 同一地点から新北上大橋を振り返る。(要拡大) 2011_0911_061934-IMG_9607.JPG 対岸を見る。 正面、白い建物は「にっこりサンパーク」。(要拡大) 2011_0911_061937-IMG_9608.JPG 下流方向。 対岸、正面の少し右に北上総合支庁..
posted by 神宮威一郎 at 06:30

2011年08月17日

2011年8月の白浜・鹿島神社、午前8時20分

【投稿日:2013年8月7日】 「2012年4月の白浜・鹿島神社」 http://chingokokka.sblo.jp/article/71945223.html 「2012年8月の白浜・鹿島神社」 http://chingokokka.sblo.jp/article/71965846.html 2011_0817_082254-IMG_5173.JPG 「←150m  鹿島神社  Kashima Shrine  避難場所  Safety Evacuation Erea」 矢印が逆方向の海側を向い..
posted by 神宮威一郎 at 08:20

2011年08月15日

雄勝町大浜・葉山神社、午前11時半

2011_0815_113256-IMG_4807.JPG 「石(いその)神社・葉山神社由緒及び沿革  石峰山、石(いその)神社は石峰山頂(三五二m)の大岩を御神体とし、樹齢六百年の大杉の古木が数本ある。往古は石峰権現社と称し、仁寿二年(八五二)国より従五位下を贈ったと、三代実録(文徳実録)に記されている。前面の社は、葉山神社で石峰権現社の別当寺として祭られた薬師堂で、鎌倉末期の創祀と伝えている。祭られている薬師如来像は運慶の作と伝えられ、随神十二神将は室町時代の作である。本殿には、寛文(一六六一)の板書誓文や元禄十二年(一..
posted by 神宮威一郎 at 11:00

2011年08月11日

雄勝町名振・山祇神社、午後3時45分

2011_0811_154626-IMG_4438.JPG 「山祇神社」。 2011_0811_154840-IMG_4440.JPG 「 石鳥居    名振濱村中  一村惣代 永沼※※  永沼初太郎 山根徳太郎  藤野徳助  伊藤熊吉  藤野常治郎 高橋※※  山根林次郎 高橋※※   大正元年九月十八日 建立」 2011_0811_154850-IMG_4441.JPG 2011_0811_154859-IMG_4442.JPG 2011_0811_155053-IMG_4443.JPG 2011_0811_155113-IMG_4444.JPG 2011_0811_155130-IMG_4445.JPG 2011_0811_155227-IMG_4450.JPG 2011_0811_155231-IMG_4451.JPG 2011_0811_155249-IMG_4452.JPG 2011_0811_155542-IMG_4454.JPG 名振復興を祈念し、バンダナ奉納。 2011_0811_155619-IMG_4455.JPG 新品は一枚しか持っていなかったので、残念ながら奉納は片方だけ。 2011_0811_155731-IMG_4456.JPG 2011_0811_155814-IMG_4457.JPG 2011_0811_155846-IMG_4458.JPG 結構長くて急な石段でした。
posted by 神宮威一郎 at 15:45

2011年08月11日

雄勝町名振浜、午後3時20分

斎藤善之・高橋美貴編『近世南三陸の海村社会と海商』(清文堂出版、2010)に出ていた永沼家の現状を知るために、名振浜に行く。 http://seibundo-pb.co.jp/index/ISBN978-4-7924-0702-5.html 2011_0811_152104-IMG_4418.JPG この日は早朝からあちこち廻っていたため、雄勝湾沿いの明神地区で山越えして名振集落に入ったころには相当くたびれており、最初に写真を撮ったのは名振浜の西のはずれ、小浜集落に着いてから。周囲の瓦礫は殆ど撤去されておらず。 2011_0811_152059-IMG_4417.JPG ..
posted by 神宮威一郎 at 15:20

2011年08月11日

釜谷・大川小学校(その2)、午後2時50分

2011_0811_144931-IMG_4400.JPG 「三角地帯」の林の陰から大川小学校を見る。 2011_0811_144959-IMG_4401.JPG 新北上大橋の南端。 北側部分が流されてしまっているため、通行不能。 2011_0811_145044-IMG_4403.JPG 北上川(追波川)の下流方向を見る。 右は北上川支流の富士川。白鳥飛来地として有名な富士沼から北上川と並行して流れている。 2011_0811_145022-IMG_4402.JPG 上流方向。 主要地方道30号線(河北桃生線)。 2011_0811_145058-IMG_4404.JPG 同じく上流方向。 土煙がすごい。 2011_0811_145113-IMG_4407.JPG 上流方向の水面。 2011_0811_145128-IMG_4408.JPG 新北上大橋の南端から「三角地帯」を見る。 2011_0811_145108-IMG_4406.JPG 同じ位置から少し左..
posted by 神宮威一郎 at 14:50

2011年07月10日

長須賀海水浴場、午前9時半

【更新:2012年7月17日】 2011_0710_093043-IMG_0148.JPG 県道225号線(泊崎半島線)、稲淵。 奥に見える林に稲淵の八幡神社があるが、社殿は完全に流出している。 傾いた建物は長須賀海水浴場のトイレ。 2011_0710_093112-IMG_0149.JPG 同じ位置から少し左。 2011_0710_093142-IMG_0151.JPG 一番上の写真を撮った場所から、数十mだけ西方向に移動。 2011_0710_093139-IMG_0150.JPG 同じ位置から少し左。 長く伸びているのは泊半島。 先端は尾崎神社のある歌津崎。 2011_0710_093159-IMG_0153.JPG 中央は唐島。 奥は南三陸町戸倉地区の保呂羽山。 その左に伸びる半島の先端は神割崎付近。..
posted by 神宮威一郎 at 09:30