2012年03月25日

大川小学校の裏山再訪(その1)、午後0時

「記憶の部屋」というサイトに大川小学校関係の新聞記事がまとめてあって便利だが、『毎日新聞』2011年4月19日付記事には次の記述がある。

---------
 なぜすぐに裏山に避難しなかったのか−−。大川小学校の惨劇への疑問は、この一点に集約される。
 石巻市は、大川小学校への津波到達を想定していなかった。市の「防災ガイド・ハザードマップ」は、同小を避難所として「利用可」としている。柏葉校長は「堤防を越える津波が来たらもたないので、山に避難場所をつくろうと職員で話はしていた。裏山は泥炭地でつるつる足が滑るので、階段をつくれるといいなと話していたが、そのまま震災になった」と明かす。
 校舎に残る三つの時計は、いずれも3時37分を指し止まっている。地震から津波到達まで、 恐らく40〜50分あった。9日の保護者への説明会では、校庭で点呼を取るなどした対応に「なんですぐに逃げろって言わなかったのか」と非難の声も出た。だが一方「108人誰も欠けないように点呼し、先生はよくやってくれた。誰が悪いと思ったことはない」と話す保護者もいる。
http://memory.ever.jp/tsunami/higeki_okawa.html

ここで柏葉照幸校長が「裏山は泥炭地でつるつる足が滑る」と言っている「裏山」とは、次の「階段をつくれるといいな」との表現から、山を切り崩した草付きの部分を指していると思われる。
「裏山は泥炭地でつるつる足が滑る」のでそもそも避難対象外との認識は、その後の石巻市教育委員会やマスコミの認識の基調になっているような感じがするが、柏葉氏はこの認識をどのように得たのであろうか。実際に草付の部分を歩いてみたことがあるのだろうか、それとも下から見上げての思い込みなのであろうか。
2012年3月23日の訪問時、晴れていればこの草付の部分を登るのに特に困難はないことを確認したが、同日の夜から翌24日朝にかけて降雪があったので、雪が残っている場合はどうかを調べるため、3月25日に再訪してみた。
また、『毎日新聞』2011年4月19日付記事に載っている上空から大川小学校周辺を撮影した写真にはコンクリートの平場が鮮明に写っているが、更にその上に3本の線が見えており、上にも平場があるようなので、その様子も見ることにした。
なお、3月23日の訪問時に、一段上の平場があることは気づいていた。

2012_0325_115953-IMG_1921.JPG
正午に大川小学校に到着。
日曜日なので大勢の人が来ている。
この日は天気が非常に不安定で、到着時には良く晴れていたが、50分後には大雨となった。

2012_0325_115959-IMG_1923.JPG
雪で白くなった草付きの斜面を見る。
一段目、二段目の平場は明確であるが、その上の平場ははっきりしない。(要拡大)
一段目の平場は津波到達点の海抜9.4メートルに2メートル程度加算して海抜11.5メートル程度、二段目は海抜18〜19メートル程度か。

2012_0325_120021-IMG_1926.JPG

2012_0325_120058-IMG_1928.JPG

2012_0325_120059-IMG_1929.JPG
この写真を12時00分59秒に撮影してから、左手にカメラ、右手にストップウォッチ代わりの携帯電話を持ってコンクリートの平場の下に向かう。
そのまま雪が少し残った草付きを登り始めるが、1メートルほど上で滑って片膝を着いてしまう。
いったん下に下りて、カメラを肩に斜めにかけ、携帯電話を胸ポケットにしまって両手が自由になるようにしてから再び登り始める。
バランスがとりやすくなったので転びはしなかったが、雪のない場合に比べると登りづらい。

2012_0325_120512-IMG_1930.JPG
12時05分12秒に撮影。
慰霊碑前から4分13秒かかった。
最初から両手を自由にしていたら3分ほどか。

2012_0325_120516-IMG_1931.JPG

2012_0325_120520-IMG_1932.JPG

2012_0325_120537-IMG_1933.JPG

2012_0325_120613-IMG_1935.JPG
二段目の草付きを見上げる。
一段目より若干角度が増しており、圧迫感がある。

2012_0325_120616-IMG_1936.JPG
平場の中央部より西端を見る。
竹藪になっている。

2012_0325_120658-IMG_1938.JPG
平場の東端から、児童の父兄が避難先とすべきだったと主張している場所を見下ろす。
中央に見える石は津波で流出した古い墓石。(要拡大)

2012_0325_120732-IMG_1940.JPG
中央の上から3分の1あたり、杉に赤いテープが巻かれている。(要拡大)
写真には写っていないが、この近くに人が登っていて、そこまで踏み跡らしいものが見えたので、後で行ってみることにする。

2012_0325_121005-IMG_1947.JPG
二段目の平場に行く一番簡単なルートを探したところ、西端の竹藪との境目が良さそうだった。
踏み跡もある。

2012_0325_121128-IMG_1948.JPG
踏み跡を辿るが、上部ははっきりしない。
二段目の8割ほどの高さのところから、下を撮影。

2012_0325_121130-IMG_1949.JPG
同じ場所から。

2012_0325_121132-IMG_1950.JPG
同じ場所から。

2012_0325_121229-IMG_1952.JPG
途中で撮影した箇所から上は竹藪側を登る。
二段目の平場に到着してから、登ってきたルートを見下ろす。

2012_0325_121233-IMG_1953.JPG
二段目の平場の幅は2メートル弱で、一段目よりかなり狭い。

2012_0325_121301-IMG_1956.JPG

2012_0325_121348-IMG_1959.JPG
上からも下からも枝が伸びていて歩きにくい。

2012_0325_121401-IMG_1960.JPG
東端に着く。

2012_0325_121424-IMG_1962.JPG
東端から下を見る。

2012_0325_121429-IMG_1963.JPG

2012_0325_121432-IMG_1964.JPG

2012_0325_121453-IMG_1965.JPG
草付きの三段目を見る。
傾斜は二段目と同程度。

2012_0325_121519-IMG_1966.JPG
排水路の上から覗き込む。
かなり高度感がある。
影は私の頭と右手。
posted by 神宮威一郎 at 12:00| Comment(12) | 大川小学校とその周辺

2012年03月23日

大川小学校の裏山(その4)、午後0時10分

(追記)
3月25日に再訪し、やはり父兄の言われる場所が一番よいように感じました。

「都司嘉宣氏への提言:デブはデブとしての自覚をきちんと持て!」
http://6925.teacup.com/kabura/bbs/6304

3月23日の訪問を踏まえた暫定的な結論を掲示板の方に書いておきました。

http://6925.teacup.com/kabura/bbs/6301
http://6925.teacup.com/kabura/bbs

以下、記事内容の妥当性の検討のため、『河北新報』の2011年9月8日付記事を引用。

-----------
検証 石巻・大川小の惨事/保護者ら証言「学校前にバス待機」「全員が避難できた」

 東日本大震災の津波で全校児童108人の7割に当たる74人が死亡、行方不明になった石巻市大川小の惨事から、間もなく半年がたつ。河北新報社の取材に応じた児童や住民らの証言で、当時は現場にスクールバスが待機していたことや、高台への避難を相談していた状況が浮かび上がった。学校管理下で児童が犠牲になった事例として戦後最悪とされる今回の被害は、避けられた可能性もあると指摘する関係者もいる。(藤田杏奴、野内貴史)

 保護者らによると、地震が起きた午後2時46分は下校時間の直前で、スクールバスが待機していた。関係者は「バスで避難すれば助かった可能性もある」と指摘する。
 2年生の息子を迎えに来た父親(39)は午後3時10〜20分ごろ、学校前の県道に止まっているバスを目撃した。男性運転手に「何してるんですか」と尋ねたところ、落ち着いた様子で「待機だねえ」と応じたという。
 バス会社の関係者は同じころ、無線で運転手に避難を呼び掛けた。ラジオは「(宮城県)女川町で車が流されている」と伝えていた。運転手が「子どもたちが出てこないんだ」と話したのを最後に、交信は途絶えた。
 バスの定員は45人。関係者は「無理にでも詰め込めば、児童全員が避難できた」と言うが、バスが出発することはなく、運転手も津波の犠牲になった。
 証言では、避難をめぐるやりとりも断片的に浮かんできた。
 児童たちがとどまっていた校庭では午後2時52分、防災無線が大津波警報を知らせた。午後3時10分ごろ、子どもを迎えに来た母親によると、「この山に子どもを上がらせても大丈夫か」と裏山を指す教頭に、住民は「ここまで津波は来ない」などと答えた。
 同じころ、学校を訪れた別の保護者は教師から「学校の方が安全だから残った方がいい」と言われた。保護者は「どこかに避難する雰囲気ではなかった」と語る。
 5年生だった只野哲也君も、6年生の男子が担任に「山さ逃げた方がいい」と訴えた姿を覚えている。「どうして山に行かないのかなあ」と思ったという。

◎体育館裏は傾斜緩い山道/「低学年でも登れた」

 石巻市大川小の児童が避難誘導された新北上大橋たもとの堤防道路の先には、津波で水があふれた北上川があり、子どもたちは次々と濁流に巻き込まれた。学校に最も近い高台は裏山だった。「なぜ、山に避難させなかったのか」。遺族の疑問は今も解けない。
 児童らは避難の途中、県道付近で津波に襲われた。迫り来る濁流に追い込まれた裏山の斜面は急な上に滑りやすく、登れた子は少数だった。付近では30人以上の遺体が見つかった。
 同じ裏山でも、学校の体育館に近い所は傾斜がなだらかだ。実際に子どもの足でも大丈夫かどうか。わが子を亡くした父親3人とともに8月末、この斜面を登った。
 児童らが待機していた校庭から、体育館の脇を通って裏山に向かう。登り口の幅は広く、踏み固めた山道もあって歩きやすい。屋根まで冠水した2階建て校舎(約10メートル)を見下ろす場所まで数分でたどり着いた。
 校庭に避難してから津波が襲来するまで、40分以上あったとみられる。「低学年でも十分登れる。5分あれば、全員避難できたはずだ」。父親たちは口をそろえた。
 「子どもたちはここに避難したとばかり思っていた。こんな近くに安全な場所があったのに、なぜ川の方に向かったのか」。5年生だった次女千聖さんを亡くした紫桃(しとう)隆洋さん(47)は悔しさをにじませた。
 宮城県の調査では、海抜約1メートルの大川小付近に残る津波の痕跡は高さ7メートル以上。住民によると、付近にいて助かったのは裏山に登ったり流れ着いたりした約20人と、釜谷診療所屋上の塔屋部分に避難した数人などわずかだったという。
 石巻市教委は2010年2月、津波に備えた危機管理マニュアルを作るよう市内の小中学校に指示。大川小の10年度マニュアルは津波の避難場所を「近隣の空き地・公園等」と定め、高台を想定していなかった。
 学校と市教委は裏山に避難しなかった理由を「現場にいた教師が『山に倒木があったように見えた』と話している」と説明している。
 裏山に逃げて助かった住民の一人は「山裾に津波で流されたり、折れたりした木はあったが、地震で倒れた木は見ていない」と証言している。
http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1062/20110908_01.htm

「記憶の部屋」というサイトに、この記事を含む関連記事が集められている。
http://memory.ever.jp/tsunami/images-NP/0908-shogen_okawa1_NP.pdf
http://memory.ever.jp/tsunami/higeki_okawa.html
http://memory.ever.jp/tsunami/index.html

2012_0323_120820-IMG_1498.JPG
『河北新報』2011年9月8日付記事に出ている写真を見ると、ちょうど中央のあたりに石がいくつか見えるが、これは津波で流出した墓石である。
江戸時代の年号が付された古い墓石が多い。
この墓石の少し上から、上方を見る。このあたりの傾斜は緩やかで、倒木はない。

2012_0323_120840-IMG_1499.JPG
少し上って更に上方を見る。
傾斜がかなりきつくなり、倒木も存在する。

2012_0323_120903-IMG_1500.JPG
前の写真で上下に二つある白い袋の上の方の袋のある位置まで登って、更に上方を見る。
溝状になったところを一本調子に登って行く道で、休める場所がない。

2012_0323_121005-IMG_1501.JPG
同じ位置から横を見る。

2012_0323_121008-IMG_1502.JPG
更に少しだけ登って上方を見る。
傾斜は一層急になる。

2012_0323_121010-IMG_1503.JPG
同じ位置から、少し角度を上げて撮る。

2012_0323_121029-IMG_1504.JPG
同じ位置から下を見る。
傾斜はかなり急。

2012_0323_121225-IMG_1508.JPG
少し降りる。

2012_0323_121301-IMG_1509.JPG
更に降りる。
『河北新報』2011年9月8日付記事の写真とほぼ同じ高さか。

2012_0323_121315-IMG_1510.JPG
墓石の散乱する場所に戻り、校舎を見る。
このあたりの傾斜は緩やか。

2012_0323_121358-IMG_1516.JPG
同じ高さで少し東側の場所からコンクリートの平場を見上げる。(要拡大)
この位置から逃げるとしたら、上方への踏み跡ではなく、コンクリートの平場の方が良い。
上方への踏み跡は狭く、上に行くほど傾斜が急になって、大勢が逃げると混乱する。
(追記:この部分、再考した結果、上方へ行くのが正しいと思っています。コンクリートの平場に登ってしまえば、そこから上への逃げ場がなくなるので。)

2012_0323_121439-IMG_1518.JPG
再度、コンクリートの平場へ向かう。

2012_0323_121501-IMG_1519.JPG
上部の藪はかなりきつい。

2012_0323_121534-IMG_1520.JPG
コンクリートの平場に登り、下を見下ろす。

2012_0323_121537-IMG_1521.JPG
posted by 神宮威一郎 at 12:10| Comment(0) | 大川小学校とその周辺

大川小学校の裏山(その3)、午後0時05分

2012_0323_120401-IMG_1465.JPG
コンクリート壁の裏側から西端を見る。

2012_0323_120405-IMG_1466.JPG
コンクリート壁の西端から東側を見る。
花束とペットボトルが置かれている場所が「津波到達点」の木札への上り口。(要拡大)

2012_0323_120438-IMG_1471.JPG

2012_0323_120502-IMG_1472.JPG

2012_0323_120519-IMG_1473.JPG
コンクリート壁の東端から、死亡した児童の父兄の一部が避難すべきだったと主張している場所を見る。
参考:『河北新報』2011年9月8日
http://memory.ever.jp/tsunami/images-NP/0908-shogen_okawa1_NP.pdf

2012_0323_120528-IMG_1474.JPG

2012_0323_120537-IMG_1475.JPG
「鎮魂と復興を祈る 手あわせ桜 植樹記念」 

2012_0323_120549-IMG_1477.JPG
「贈 手あわせ桜の会 苗木提供 長野県戸隠大山桜の会
 平成二十三年(二〇一一)十一月三日」 

2012_0323_120602-IMG_1478.JPG
植樹の際に作られたと思われる素朴な四段の階段を下りて舗装道路に出る。
ダンプカーが長面浦との間を頻繁に往来するため、大川小学校を挟む二つの道路で大型車の一方通行規制があり、こちらの道路は長面浦方面から観音寺前を通ってきた大型車が「三角地帯」に向かって行く。

2012_0323_120604-IMG_1479.JPG
体育館跡。

2012_0323_120606-IMG_1480.JPG

2012_0323_120608-IMG_1481.JPG
観音寺へ向かう道。
観音寺は津波で完全に崩壊、流出した。

2012_0323_120610-IMG_1482.JPG
土砂にはガラス片等が混ざっている。
瓦礫を撤去した後に整地したので津波当時の状況は分からないが、もともと緩やかな斜面だったと思われる。

2012_0323_120614-IMG_1483.JPG

2012_0323_120616-IMG_1484.JPG

2012_0323_120629-IMG_1485.JPG

2012_0323_120642-IMG_1486.JPG
古い墓石が沢山ある。
殆ど江戸時代の年号が記されており、観音寺墓地から流出したものか。

2012_0323_120644-IMG_1487.JPG

2012_0323_120651-IMG_1488.JPG
コンクリートで作られた平場の東端を見上げる。
樹木に紛れていて、平場があることは下からは分かりにくい。(要拡大)

2012_0323_120712-IMG_1489.JPG
平場に向かって急な斜面を登ってみる。
途中までは踏み跡があるが、上部は藪がひどい。

2012_0323_120716-IMG_1490.JPG
藪のわずらわしさを我慢すれば平場に出られることを確認し、いったん降りる。

2012_0323_120746-IMG_1492.JPG

2012_0323_120754-IMG_1493.JPG

posted by 神宮威一郎 at 12:05| Comment(0) | 大川小学校とその周辺

大川小学校の裏山(その2)、午後0時

2012_0323_115923-IMG_1441.JPG
平場の東端から西側を見る。

2012_0323_115937-IMG_1442.JPG
平場の東端から下を見る。
『河北新報』2011年9月8日付記事によれば、死亡した児童の父兄の一部は、この下の地点に避難すべきだったと主張している。
ただし、当該記事には、その地点から更に上に平場が存在していることの指摘はない。
http://memory.ever.jp/tsunami/images-NP/0908-shogen_okawa1_NP.pdf

2012_0323_115940-IMG_1443.JPG
下に降りる踏み跡がないか捜してみるが、明瞭な踏み跡はない。
無理をすれば降りることは可能だが、藪がわずらわしい感じがする。
後で下から上ってみることに決める。

2012_0323_115952-IMG_1444.JPG

2012_0323_115955-IMG_1445.JPG

2012_0323_120010-IMG_1446.JPG

2012_0323_120023-IMG_1447.JPG
「津浪到達点」の木札の上に戻り、西側を見る。
正面、奥に新北上大橋。(要拡大)

2012_0323_120052-IMG_1448.JPG
「津浪到達点」の木札を見下ろす。

2012_0323_120146-IMG_1451.JPG

2012_0323_120148-IMG_1452.JPG

2012_0323_120149-IMG_1453.JPG

2012_0323_120155-IMG_1454.JPG

2012_0323_120157-IMG_1455.JPG

2012_0323_120159-IMG_1456.JPG

2012_0323_120203-IMG_1457.JPG

2012_0323_120205-IMG_1458.JPG

2012_0323_120207-IMG_1459.JPG

2012_0323_120210-IMG_1460.JPG

2012_0323_120211-IMG_1461.JPG

2012_0323_120218-IMG_1462.JPG

2012_0323_120229-IMG_1463.JPG

2012_0323_120302-IMG_1464.JPG
「津浪到達点」の木札の下に降りる。
posted by 神宮威一郎 at 12:00| Comment(0) | 大川小学校とその周辺

大川小学校の裏山(その1)、午前11時50分

2012年3月22日の産経新聞に載った東京大学地震研究所准教授・都司嘉宣氏の下記記事に疑問を感じたので、大川小学校の裏山の斜面を実際に登ってみた。

----------
【温故地震】大震災編 都司嘉宣 大川小学校の惨事 必要だった裏山の避難路

 東日本大震災発生後の1年間に計14回、震災による津波被災地を訪問し、津波の浸水範囲や到達した高さなどの調査を行った。現地で被災者に話を聞かせていただき、津波来襲時の写真や映像も数多く拝見した。そこから生々しく浮かび上がったのは、多くの人々がほとんどなすすべもなく、千年に一度の規模の巨大津波にのみ込まれていった凄惨(せいさん)な実態だ。命を救う方法はなかったのか。私たちは被災ケースを一つ一つ検証し、今後の津波防災の教訓にしなければならない。
 今回は、宮城県石巻市立大川小学校の被災について取り上げる。大川小は、河口から約4キロ上流の北上川南岸の堤防近くにあり、周辺は海抜約2.5メートルのくぼ地となっている。ここで、全児童108人の約7割に当たる74人と、教職員10人が死亡・行方不明となる惨劇が起きた。
 地震発生時、児童らは2階建て鉄筋コンクリート造りの校舎内にいた。大きな揺れを感じ、津波警報の発令を知った教職員は全校児童を校庭に整列させた。その後、少しでも高い場所に児童を移動させようと、海抜6メートルの北上川の堤防に向かって列になり歩いていくうち、川から堤防を乗り越えてきた大津波に、先頭の児童から順にのみ込まれていったという。
 最初にこの話を聞いたのは東京にいるときだった。大川小付近の地図を確認すると、校舎の背後に小高い山がある。「なぜ裏山に登らせなかったのだろう」と不思議に感じた。だが、昨年6月に大川小を訪ねる機会があり疑問は氷解した。させなかったのではなく、できなかったのだ。
 裏山は、ほぼ傾斜角45度の急斜面だった。斜面には津波が到達した位置を示す木札があり、高さは海抜9.4メートル。私はそこまで登ったが、大の大人が草をつかみながら苦心惨憺(さんたん)し、たどりつくのがやっとだった。しかも、震災当日の昨年3月11日、斜面はまだ一面の雪に覆われていたという。とても児童108人を登らせることはできなかったのである。
 津波の防災対策は、千年に一度の巨大津波でも人の命だけは助けられるものでなくてはならない。それでは、大川小のケースでどんな対策があれば、児童の命を救えたのだろう。
 私は、この斜面を楽に歩いて登っていけるような、ジグザグの津波避難路を設けておくべきだったと考える。夜間の発生にも備え、太陽光発電の照明灯も設置しておけば万全だったのではないか。(つじ・よしのぶ 東大地震研究所)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120322/dst12032208070001-n1.htm

2012_0323_115207-IMG_1406.JPG

2012_0323_115212-IMG_1407.JPG

2012_0323_115349-IMG_1413.JPG

2012_0323_115352-IMG_1414.JPG
「津波が到達した位置を示す木札」がある斜面を見る。

2012_0323_115433-IMG_1416.JPG
コンクリート壁の西端に近づく。

2012_0323_115441-IMG_1417.JPG

2012_0323_115524-IMG_1419.JPG

2012_0323_115542-IMG_1420.JPG
「津波到達点」と書かれた木札を見上げる。
踏み跡がある。

2012_0323_115605-IMG_1421.JPG

2012_0323_115627-IMG_1422.JPG
木札のある地点から周囲を見る。

2012_0323_115629-IMG_1423.JPG

2012_0323_115631-IMG_1424.JPG

2012_0323_115633-IMG_1425.JPG

2012_0323_115635-IMG_1426.JPG

2012_0323_115655-IMG_1429.JPG
木札のある地点から上を見る。
踏み跡がある。

2012_0323_115718-IMG_1430.JPG
木札のある地点から高さ2メートルほど上るとコンクリートの平場に出る。
幅が約4メートルほどあり、その広さに驚く。
上った地点から西側を見る。

2012_0323_115724-IMG_1431.JPG
東側を見る。

2012_0323_115730-IMG_1432.JPG

2012_0323_115732-IMG_1433.JPG

2012_0323_115734-IMG_1434.JPG

2012_0323_115736-IMG_1435.JPG

2012_0323_115759-IMG_1436.JPG
西端に行く。
竹藪がある。

2012_0323_115815-IMG_1437.JPG
西端から下を見る。

2012_0323_115823-IMG_1438.JPG
西端から東側を見る。

2012_0323_115853-IMG_1439.JPG

2012_0323_115919-IMG_1440.JPG
東端に近づく。
posted by 神宮威一郎 at 11:50| Comment(0) | 大川小学校とその周辺