2012年02月26日

山田神社遷座祭・復興祈願祭(その4)、午前10時

2012_0226_095823-IMG_5736.JPG

2012_0226_095824-IMG_5737.JPG

2012_0226_100022-IMG_5742.JPG
長靴を用意しているのが地元のマスコミ。

2012_0226_100218-IMG_5746.JPG

2012_0226_100219-IMG_5747.JPG

2012_0226_100227-IMG_5748.JPG

2012_0226_100252-IMG_5750.JPG

2012_0226_100321-IMG_5753.JPG

2012_0226_100325-IMG_5754.JPG

2012_0226_100416-IMG_5758.JPG

2012_0226_100500-IMG_5760.JPG

2012_0226_100629-IMG_5766.JPG

2012_0226_100636-IMG_5767.JPG

2012_0226_100717-IMG_5768.JPG
白い衣装の神職たちの中で、ただ一人、緑の衣装をまとっているのが青井阿蘇神社宮司の福川義文氏。

2012_0226_100738-IMG_5769.JPG

2012_0226_100747-IMG_5770.JPG

2012_0226_100932-IMG_5776.JPG

2012_0226_101020-IMG_5777.JPG
斎主による祝詞奏上。

2012_0226_101035-IMG_5778.JPG
マイクを持ったNHK福島のスタッフは、斎主による祝詞奏上の間、ずっと斎主に尻を向けていた。

2012_0226_101139-IMG_5782.JPG
中央、球磨工業高校校長の山田史郎氏。山田貞策は岐阜県養老郡の人なので山田姓は偶然とは思うが、これもひとつの縁なのであろう。
posted by 神宮威一郎 at 10:00| Comment(3) | 南相馬市鹿島区

山田神社遷座祭・復興祈願祭(その3)、午前9時50分

2012_0226_094928-IMG_5697.JPG
開始予定時刻より20分経過。そろそろ始めてくれないかなあ、という微妙な空気が流れている。

2012_0226_094939-IMG_5698.JPG
部下に指示を出す「熊日」(熊本日日新聞)の人。

2012_0226_095008-IMG_5700.JPG
笛の音が響き始める。
青井阿蘇神社のfacebookの記事によれば、式次第は以下の通り。

午前9時30分 遷座祭ならびに復興祈願祭
     斎主 森 幸彦  副斎主 宮崎國忠
一、 修祓(しゅばつ)
一、 鎮座の儀(ちんざのぎ)
一、 斎主一拝(さいしゅいっぱい)
一、 献饌(けんせん)
一、 黙祷(もくとう)
一、 大祓詞奏上(おおばらいしそうじょう)
一、 祝詞奏上(のりとそうじょう)
一、 玉串奉奠(たまぐしほうてん)
一、 撤饌(てっせん)
一、 斎主一拝(さいしゅいっぱい)
一、 斎主挨拶(さいしゅあいさつ)
一、 来賓挨拶(らいひんあいさつ)

2012_0226_095012-IMG_5701.JPG

2012_0226_095026-IMG_5702.JPG

2012_0226_095027-IMG_5703.JPG
「北屋形部落」。九州から来ると、東北では「部落」との表現が全く普通に使われていることに文化の違いを感じるのかもしれない。

2012_0226_095058-IMG_5704.JPG

2012_0226_095152-IMG_5707.JPG

2012_0226_095201-IMG_5708.JPG

2012_0226_095304-IMG_5710.JPG

2012_0226_095344-IMG_5711.JPG
少し邪魔な「熊日」さん。

2012_0226_095407-IMG_5714.JPG

2012_0226_095409-IMG_5715.JPG

2012_0226_095418-IMG_5716.JPG

2012_0226_095419-IMG_5717.JPG

2012_0226_095427-IMG_5718.JPG

2012_0226_095504-IMG_5719.JPG

2012_0226_095505-IMG_5720.JPG

2012_0226_095536-IMG_5721.JPG

2012_0226_095541-IMG_5722.JPG

2012_0226_095555-IMG_5723.JPG

2012_0226_095715-IMG_5728.JPG

2012_0226_095744-IMG_5729.JPG

2012_0226_095758-IMG_5732.JPG

2012_0226_095804-IMG_5733.JPG

2012_0226_095813-IMG_5734.JPG
posted by 神宮威一郎 at 09:50| Comment(0) | 南相馬市鹿島区

山田神社遷座祭・復興祈願祭(その2)、午前9時35分

2012_0226_093615-IMG_5642.JPG
落ち着いた口調で取材に応じる球磨工業高校の生徒。
熊本県立球磨工業高等学校での「奉納出発式」の様子はこちら。
http://www3.higo.ed.jp/kuma-ths/index.php?eid=1015
http://www.higo.ed.jp/sh/kuma-ths/

2012_0226_093620-IMG_5643.JPG

2012_0226_093640-IMG_5644.JPG
斎主の森幸彦氏。南相馬市鹿島区南柚木「伊勢大御神」禰宜、山田神社禰宜。

2012_0226_093646-IMG_5645.JPG

2012_0226_093653-IMG_5646.JPG

2012_0226_093743-IMG_5648.JPG

2012_0226_093757-IMG_5650.JPG

2012_0226_093800-IMG_5651.JPG
神事用の履物を手に、黒い長靴で石段を登る人。

2012_0226_093826-IMG_5653.JPG

2012_0226_093909-IMG_5655.JPG

2012_0226_093911-IMG_5656.JPG
波が高い。

2012_0226_093913-IMG_5657.JPG

2012_0226_093917-IMG_5658.JPG
八沢排水機場。この隣に山田神社があった。山田神社は昭和16年に現在の磯ノ上公園の地に創建され、昭和38年、八沢排水機場の隣地(相馬市蒲庭字孫目)に遷座。今回、創建時の旧地に戻ったことになる。

2012_0226_093920-IMG_5659.JPG

2012_0226_093933-IMG_5662.JPG
向かって右、副斎主の宮崎國忠氏。熊本県天草郡苓北町に鎮座する志岐八幡宮宮司。
志岐八幡宮についてはこちら。
http://www.kumamoto-shinsei.jp/shrine-map/modules/gnavi/index.php?lid=201&cid=15
http://www.youtube.com/watch?v=K1pr8fB6OjA

2012_0226_093934-IMG_5663.JPG

2012_0226_093951-IMG_5665.JPG

2012_0226_094033-IMG_5668.JPG

2012_0226_094035-IMG_5669.JPG

2012_0226_094140-IMG_5675.JPG
「山田貞策翁※像」。「寿像」か。昭和3年に「山田貞策翁銅像」が建てられ、戦時中に軍に供出されたとのことなので、もともとは銅像が立っていた場所なのであろう。この石碑も津波で倒されてしまっていた。

2012_0226_094518-IMG_5687.JPG

2012_0226_094525-IMG_5688.JPG

2012_0226_094544-IMG_5690.JPG
祭神が農業・穀物の神様である大年神(おおとしのかみ)とのことで、農産物が献納されているが、レタスが一番良い場所を占めているのは妙に面白い。山積みとなった黄色い果物は、近くで見たらグレープフルーツではないように思えたが、いったい何なのだろうか。熊本の特産品なのだろうか。

2012_0226_094620-IMG_5692.JPG

posted by 神宮威一郎 at 09:35| Comment(0) | 南相馬市鹿島区

山田神社遷座祭・復興祈願祭(その1)、午前9時30分

【投稿日2012年2月27日】
『福島民報』にて下記記事を見たので、磯ノ上公園を訪問してみた。
--------------
津波で流失、山田神社に仮社殿 球磨工高(熊本)贈る

 津波で流失した相馬市蒲庭の山田神社に、熊本県人吉市の球磨工高が仮社殿を贈る。国内唯一の宮大工養成コースの生徒が10年以上前に製作、学校の顔として玄関に飾っていた作品。26日、高台の南相馬市鹿島区北海老の磯ノ上公園に遷座する。
 神社は、南相馬、相馬両市にまたがる約350ヘクタールの八沢浦干拓事業の功労者山田貞策氏をたたえて昭和16年に建立された。農業の神大年神を祭り、豊作を祈願する地区民の心のよりどころだった。大津波が干拓地を襲い、神社は土台を残して流失した。地区の住民40人が犠牲になった。
 南相馬市でボランティア活動をしていた熊本県苓北町にある志岐八幡宮宮司の宮崎国忠さん(66)が、山田神社の神職森幸彦さん(53)と知り合ったのがきっかけ。宮崎さんは同県人吉市にある青井阿蘇神社の福川義文宮司と協力、球磨工高に寄贈を働き掛け、山田史郎校長が快諾した。
 仮社殿は高さ、幅とも2メートル。ひのき造り銅板ぶきで、細かい装飾が施されている。伝統建築専攻科の生徒が屋根を磨き、鳥居も製作した。年末年始は仮社殿を青井阿蘇神社に安置し、参拝者から搬送費用の寄付を仰いだ。
 26日は磯ノ上公園で、早朝から生徒らが設置作業を行う。午前9時半から森さんが斎主、宮崎さんが副斎主を務め、遷座祭と復興祈願祭を執り行う。
 森さんは「高校生の若いエネルギーがこもった社殿は、みんなの心に希望の灯をともしてくれる」と話している。
(2012/02/23 09:55)
http://www.minpo.jp/view.php?pageId=4107&blockId=9938226&newsMode=article

仮社殿設置の経緯はfacebookの「相馬市蒲庭字孫目鎮座 山田神社 仮社殿設置について」(「国宝 青井阿蘇神社」作成)に詳しい。
http://www.facebook.com/note.php?note_id=233675446727043

2012_0226_092805-IMG_5609.JPG
「人吉市 青井運送」

2012_0226_092825-IMG_5610.JPG

2012_0226_092925-IMG_5612.JPG
県道74号線(原町海老相馬線)。

2012_0226_092956-IMG_5613.JPG
「磯ノ上公園」の2011年11月3日時点の様子はこちら。
http://chingokokka.sblo.jp/article/54130078.html

2012_0226_093008-IMG_5614.JPG
遷座祭は午前9時半分開始とのことであったが、まだ準備中だった。前日、相馬地方の沿岸部としては珍しく大量の降雪があり、当日は晴れたが、地面はぬかるんでいる。熊本県立球磨工業高校の生徒は午前6時半から設置作業を行っていたという。

2012_0226_093021-IMG_5615.JPG

2012_0226_093024-IMG_5616.JPG

2012_0226_093044-IMG_5617.JPG

2012_0226_093057-IMG_5618.JPG

2012_0226_093100-IMG_5619.JPG

2012_0226_093112-IMG_5620.JPG
左の大きいのが「八沢干拓開墾成功記念碑」で、右は「記功碑寄附金芳名録」。右の碑は津波で倒された。

2012_0226_093123-IMG_5621.JPG
北側に用水池と堤がある。「磯ノ上公園」はもともと山田貞策の居宅のあった場所とのこと。

2012_0226_093127-IMG_5622.JPG
「南柚木公民館」

2012_0226_093142-IMG_5623.JPG

2012_0226_093150-IMG_5624.JPG

2012_0226_093236-IMG_5627.JPG

2012_0226_093244-IMG_5628.JPG

2012_0226_093301-IMG_5630.JPG
球磨工業高校伝統建築専攻科の女生徒。

2012_0226_093351-IMG_5633.JPG

2012_0226_093358-IMG_5634.JPG

2012_0226_093407-IMG_5635.JPG

2012_0226_093420-IMG_5636.JPG

2012_0226_093453-IMG_5637.JPG

2012_0226_093526-IMG_5639.JPG

2012_0226_093550-IMG_5640.JPG

2012_0226_093311-IMG_5632.JPG
東側(海側)の磯ノ上稲荷神社のある高台を見る。
posted by 神宮威一郎 at 09:30| Comment(0) | 南相馬市鹿島区

2012年2月の南海老・竹駒稲荷神社、午前9時20分

【投稿日:2012年2月27日】
【更新日:2013年3月30日】

「2011年11月の南海老・竹駒稲荷神社」
http://chingokokka.sblo.jp/article/64188935.html
「2011年12月の南海老・竹駒稲荷神社」
http://chingokokka.sblo.jp/article/51669155.html
「2012年6月の南海老・竹駒稲荷神社」
http://chingokokka.sblo.jp/article/64243550.html


2月26日に行われた山田神社の遷座祭・復興祈願祭に伺うため南相馬市を訪問。
竹駒稲荷神社に近づくと一面雪に覆われた集落跡の先、防波堤の隙間から波が輝くのが見えた。
式典の開始時刻が近づいており、竹駒稲荷神社に寄るべきか迷ったが、天気が不安定そうだったので先に写真を撮っておくことにした。
海岸間近の金砂神社には遷座祭・復興祈願祭終了後に参詣したが、その時には雪に変わっていた。

2012_0226_092115-IMG_5597.JPG
神社は海側、東方向を向いている。

2012_0226_092134-IMG_5601.JPG

2012_0226_092121-IMG_5598.JPG
東方向。
左端の木の先に金砂神社がある。
防波堤の隙間から白く輝く波が見える。(要拡大)

2012_0226_092122-IMG_5599.JPG
南方向。
原町火力発電所の煙突が薄く見える。(要拡大)

2012_0226_092140-IMG_5602.JPG

2012_0226_092149-IMG_5603.JPG

2012_0226_092156-IMG_5604.JPG

2012_0226_092157-IMG_5605.JPG

posted by 神宮威一郎 at 09:20| Comment(0) | 南相馬市鹿島区