2011年12月31日

山元町「梅香園・福寿の園」、午前10時45分

「梅香園」と「福寿の園」は実質的に一体となった施設で、死者・行方不明者合計82人。
数だけみれば大川小学校を超える最大級の被害が発生した場所であるが、現在は山元町の災害廃棄物置場となっている。
以下、『河北新報』9月18日の記事を引用。

-------------
津波犠牲、痛恨の極み 合同慰霊祭で追悼 山元の養護施設

 東日本大震災の津波で施設入所者と職員計81人が死亡、入所者1人が行方不明になった宮城県山元町の養護老人ホーム「梅香園」とケアハウス「福寿の園」を運営する社会福祉法人「静和会」の合同慰霊祭が17日、同町中央公民館で営まれた。
 遺族ら約320人が参列。静和会の北島宏一会長(75)は「大勢の方々の掛け替えのない命を守れなかったことは痛恨の極み。犠牲者と遺族に心からおわびしたい」と謝罪した。
 「梅香園」に入所していた姉佐藤しめよさん=当時(103)=を亡くした仙台市太白区の主婦加藤すゑ子さん(86)は「姉をはじめ大勢の方が亡くなり、言葉もなく泣くだけだった。ご冥福を祈りたい」と述べた。
 山元町の会社員斎藤修さん(46)は、梅香園の介護課長だった妻節子さん(57)を失った。節子さんは勤続26年の「最古参」で、震災時は避難誘導の陣頭指揮を執った。斎藤さんは「天国でも同僚、入所者の方々と仲良くしてほしい」と節子さんに呼び掛けるように語った。
 梅香園では入所者42人と職員20人の計62人が死亡、入所者1人が行方不明。併設のケアハウス「福寿の園」では入所者16人、職員3人の計19人が犠牲になった。
 清和会が山元町で運営する施設では、ほかにデイサービスセンター「知楽荘」で利用者4人、職員2人の計6人、非番で自宅にいた特別養護老人ホーム「みやま荘」の職員1人も亡くなった。
(後略)
http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1062/20110918_16.htm

2011_1231_104229-IMG_8664.JPG
「立入禁止」の掲示はあるが、工事は行っていない。
「梅香園」・「福寿の園」には他の入り口から複数の遺族らしき人たちが入って、園内を見ていた。

2011_1231_104254-IMG_8665.JPG
「工事中」
「路肩注意」

2011_1231_104321-IMG_8667.JPG
「ご迷惑をおかけします
 伐採作業等をおこなっています
 平成24年1月31日まで
 時間帯 8:00〜17:00
 平成23年度 ※※※1-002号
 二次仮置場立木伐採等工事
(亘理名取ブロック(亘理処理区及び山元処理区))
 工事金額 85,200,000円
 発注者 宮城県環境生活部 震災廃棄物対策課施設管理班
 施行者 株式会社宮城県林業開発センター」

2011_1231_104341-IMG_8668.JPG

2011_1231_104358-IMG_8670.JPG
「社会福祉法人 静和会
 養護老人ホーム 梅香薗」

2011_1231_104412-IMG_8672.JPG

2011_1231_104432-IMG_8674.JPG
「オイルタンク(A重油)」

2011_1231_104451-IMG_8676.JPG

2011_1231_104512-IMG_8678.JPG
「※※福祉法人 静和会
 特※※※老人ホーム みやま荘」

2011_1231_104705-IMG_8686.JPG
「社会福祉法人 静和会
 ケアハウス 福寿の園」

2011_1231_104710-IMG_8687.JPG

2011_1231_104733-IMG_8689.JPG

2011_1231_104807-IMG_8692.JPG

2011_1231_104833-IMG_8693.JPG

2011_1231_104855-IMG_8696.JPG
東方向。
仮防波堤の黒い土嚢。

2011_1231_104927-IMG_8698.JPG

2011_1231_105037-IMG_8700.JPG
主要地方道38号線(相馬亘理線)寄りに少し戻った地点からの遠景。

2011_1231_105325-IMG_8702.JPG

2011_1231_105353-IMG_8704.JPG

2011_1231_105342-IMG_8703.JPG
posted by 神宮威一郎 at 10:45| Comment(0) | 山元町

山元町「梅香園・福寿の園」近くの海岸、午前10時30分

2011_1231_102551-IMG_8620.JPG
普門寺駐車場から海に向かう。
奥に見えるパステルカラーの建物が、津波で施設入所者と職員合計81人が死亡し、入所者1人が行方不明になった養護老人ホーム「梅香園」と併設ケアハウス「福寿の園」。

2011_1231_102857-IMG_8621.JPG
「立入禁止」の表示はあるが、大晦日なので工事はしていない。

2011_1231_103011-IMG_8624.JPG

2011_1231_103038-IMG_8626.JPG

2011_1231_103141-IMG_8628.JPG
黄色い階段がある。

2011_1231_103309-IMG_8634.JPG
階段を上ったところで振り返る。

2011_1231_103259-IMG_8632.JPG
北方向。
防波堤は黒いビニールシートで覆われている。

2011_1231_103305-IMG_8633.JPG
南方向。

2011_1231_103411-IMG_8638.JPG
北方向、亘理町の「鳥の海公園」。

2011_1231_103421-IMG_8640.JPG
北方向、海に突き出た防波堤。

2011_1231_103435-IMG_8642.JPG
南方向。
奥に「相馬共同火力発電所」。

2011_1231_103441-IMG_8643.JPG

2011_1231_103446-IMG_8644.JPG

2011_1231_103452-IMG_8645.JPG
南西方向。
「梅香園」と「福寿の園」の建物。

2011_1231_103550-IMG_8646.JPG
東方向。

2011_1231_103602-IMG_8647.JPG
北方向。

2011_1231_103613-IMG_8648.JPG
南方向。

2011_1231_103716-IMG_8649.JPG

2011_1231_103718-IMG_8650.JPG

2011_1231_103721-IMG_8651.JPG

2011_1231_103730-IMG_8653.JPG

2011_1231_103835-IMG_8658.JPG
帰路に就く。

2011_1231_104105-IMG_8661.JPG

2011_1231_104211-IMG_8663.JPG
posted by 神宮威一郎 at 10:30| Comment(0) | 山元町

山元町・浄正寺、午前10時

2011_1231_100451-IMG_8581.JPG
青巣稲荷神社から50メートルほど離れたところに「浄土宗・浄正寺」の案内板。

2011_1231_102013-IMG_8617.JPG
同じ場所に置かれていた碑。

「岩佐清平翁頌徳碑
松柏天飆に吠え濤声地を揺がす景勝花釜の地に巨歩を踏んだ大先覚者 岩佐清平翁の頌徳碑建立に当り余にその文を嘱された 郷土隣人として欣快に堪えない 翁は強直で清廉安易な妥協を許さない性格であるが後輩に対しては親切委曲を尽して指導する人であった 明治九年当町大平に呱々の声を挙げ長じて当地の旧家岩佐吉治氏の跡を継ぎ蚕種業経営に精魂を傾倒した 当時の生糸は日本の基礎産業輸出の大宗なるにも拘らず郷土養蚕業は極めて稚弱であった 翁は深くこれを歎じ飼育法の改良と共に蚕種の研究を重ね遂に白絹の固定化に成功し農家経済の安定に寄与しかたわら練炭の使用を奨め暖房革命を招来して屋号清陽館の名声を斯界に馳せた 又トマト葡萄苺等の栽培にも先鞭をつけ率先勧奨殊に苺においtげは地域の重要特産物たらしめ更に銘記すべきは農産物加工の鼓吹で葡萄酒苺酒の醸造葡萄液の製法等何れも現下業界の基盤を作った 一方翁は六十七年の生涯中消防組小頭学務委員村会議員等の公職に半生を捧げしかも幾多の功績を遺した事は郷土の等しく敬仰するところ今茲に在りし日の翁の長身痩躯白頭の容姿を偲びつつ郷党有志相寄り相集い翁の徳と行を讃え永くこれを後世に伝えんとするものである
昭和四十一年 春分の日 
   岩佐 浩文
 静山菊地忠一書
   金田文男刻」

2011_1231_100456-IMG_8582.JPG
案内板近くの住宅。

2011_1231_101830-IMG_8615.JPG
墓地の復旧が進んでいる。

2011_1231_101144-IMG_8597.JPG

2011_1231_101231-IMG_8599.JPG

2011_1231_101247-IMG_8601.JPG

2011_1231_101301-IMG_8602.JPG

2011_1231_101308-IMG_8603.JPG

2011_1231_101321-IMG_8604.JPG

2011_1231_101326-IMG_8605.JPG

2011_1231_101352-IMG_8606.JPG

2011_1231_101446-IMG_8608.JPG
「三界萬霊」

2011_1231_101044-IMG_8594.JPG
整地された住宅跡に立派な犬小屋があった。
飼い主が犬と一緒に暮らせない環境となったので、犬だけ元の住所に住まわせているらしい。

2011_1231_101112-IMG_8596.JPG
警戒して吠えまくる。

2011_1231_101557-IMG_8610.JPG
近寄って行くと一転、人懐こく寄ってくる。
ただし、写真を撮られるのは嫌いらしく、カメラを向けるとそっぽを向く。

2011_1231_101741-IMG_8614.JPG
さようなら。また会おう。
posted by 神宮威一郎 at 10:00| Comment(0) | 山元町

山元町・青巣稲荷神社、午前9時30分

2011_1231_095505-IMG_8556.JPG
「テラセン(お寺災害ボランティアセンター)」という団体が活動の拠点としている曹洞宗・普門寺の駐車場に車を置かせてもらう。
http://ameblo.jp/teracen/

2011_1231_095542-IMG_8558.JPG

2011_1231_095603-IMG_8560.JPG

2011_1231_095803-IMG_8563.JPG
普門寺から100メートルほど離れたところにある青巣稲荷神社に向かう。

2011_1231_095924-IMG_8565.JPG
「テラセン」の人たちが何やら作業をしている。

2011_1231_095956-IMG_8566.JPG

2011_1231_100002-IMG_8567.JPG
「青巣神社に鐘を
 この鐘は普門寺・お寺災害ボランティアセンターの呼びかけにより集まったボランティアにより設置されました。この鐘が地域再生のきっかけとなることを願っています。」
 作業をしている人に聞いたところ、この鐘はもともと青巣神社にあったが、津波で流出したので普門寺で保管していたとのこと。

2011_1231_100006-IMG_8568.JPG

2011_1231_100015-IMG_8569.JPG
「昭和天皇御在位五十年記念」

2011_1231_100053-IMG_8570.JPG
「昭和五十二年四月三日
  寄進 氏子一同」

2011_1231_100102-IMG_8571.JPG
社殿があるべき位置に簡易物置のようなものがある。

2011_1231_100140-IMG_8573.JPG
カエルがいる。

2011_1231_100124-IMG_8572.JPG
カエル信仰の神社ではなく・・・。

2011_1231_100147-IMG_8574.JPG
「青巣稲荷神社」。
宮城県神社庁では流出した神社にこのような柱を立てている。

2011_1231_100209-IMG_8575.JPG

2011_1231_100250-IMG_8577.JPG

2011_1231_100742-IMG_8588.JPG
少し離れたところから望遠で撮影。

2011_1231_100731-IMG_8586.JPG

2011_1231_100736-IMG_8587.JPG

2011_1231_100907-IMG_8590.JPG
寄せ書きでびっしり埋まった「テラセン」の軽自動車。
posted by 神宮威一郎 at 09:30| Comment(0) | 山元町