2012年01月29日

「まきばのジャージー」と細川牧場、午前11時40分

2012_0129_113744-IMG_2442.JPG
相馬市から国道115号線(中村街道)を福島市方面に進むと、奥深い山の中に、右へ行けば「霊山こどもの村」、左は佐須峠を経て飯舘村へ向かう交差点がある。
その手前、200メートルほどのところに地元で評判のアイスクリーム店、「まきばのジャージー」がある。
夏はすごい混雑で、順番待ちが大変。
さすがに冬場はそれほどでもないが、私が店内で結構な分量の「ダブル」300円を食べている間にも若い女性のグループや老夫婦が訪れ、客足の途絶えるときがない。

2012_0129_113739-IMG_2441.JPG
姉妹店の「菜の花 まきばのジャージー直売所」。

2012_0129_113749-IMG_2443.JPG
福島市方面。

2012_0129_113800-IMG_2444.JPG

2012_0129_114711-IMG_2445.JPG
なかなかお洒落な店内。

2012_0129_120908-IMG_2446.JPG
佐須峠を経て飯舘村に入り、虎捕の山津見神社へ行くが、曇りがちであったので参拝と撮影は後回とし、臼石の細川牧場に向かう。
細川牧場に近づくと牛が見えてきたが、雪深い時期は牧場の隅に集めている様子だった。
更に進むと道路脇に牧場の人の車と警察車両2台の合計3台が止まっていて、何やら話をしていた。
私は別に警察官に職務質問されて困るようなことはやっていないが、わざわざ警察官と話したいとも思わないので、牛の撮影は後回しと決め、警察車両の横を素通りして細川牧場の正面のみを撮影することにした。

2012_0129_120924-IMG_2447.JPG
雪の中のドジョウ掬い。

2012_0129_120927-IMG_2448.JPG

2012_0129_120932-IMG_2449.JPG
臼石の交差点方面。

2012_0129_131357-IMG_2536.JPG
ここから先の写真は約1時間後に細川牧場に戻ってきたときの様子。
舗装道路から牧場の東の端まで下って行く道。正面奥に牛が集まっているほか、右の柵の奥にも牛がいる。(要拡大)

2012_0129_131405-IMG_2537.JPG
西側、牧舎の方を見る。

2012_0129_131437-IMG_2538.JPG

2012_0129_131443-IMG_2539.JPG

2012_0129_131543-IMG_2542.JPG
横目で睨まれる。

2012_0129_131549-IMG_2543.JPG

2012_0129_131556-IMG_2544.JPG

2012_0129_131605-IMG_2545.JPG
強風で雪煙が上がる。

2012_0129_131607-IMG_2546.JPG

2012_0129_131622-IMG_2547.JPG

2012_0129_131628-IMG_2548.JPG

2012_0129_131719-IMG_2549.JPG

2012_0129_131721-IMG_2550.JPG

2012_0129_131458-IMG_2541.JPG
舗装道路に戻る。
posted by 神宮威一郎 at 11:40| Comment(0) | 飯舘村

2011年12月17日

草野・綿津見神社、午後1時

山津見神社と重複するが、こちらにも『河北新報』2011年9月16日記事を引用。

-------------
「地域見守る二つの神社 事故前と同じ営み貫く 飯舘

 福島第1原発事故で計画的避難区域となり、全村避難を強いられている福島県飯舘村で、二つの神社が避難後もずっと拝殿を開け住民の平和な日常の回復を祈っている。ほとんど住む人のなくなった村に四手(しで)を飾った普段通りのたたたずまいを残し、一時帰宅する住民の心のよりどころにもなっている。
 二つの神社は、山の神が鎮座するとされる山津見(やまつみ)神社と、飯舘の氏神様を祭る綿津見(わたつみ)神社。全村避難で村内は商店も公共施設もほとんどが閉鎖状態となっているが、両神社は原発事故前と同様に日々の営みを貫くことを選んだ。
 山津見神社へは毎日、祢宜(ねぎ)の久米順之さん(43)が福島市の自宅から通う。氏子や地域住民らがいつでも立ち寄れるよう、朝から夕方までとどまっている。お守りやお札の授与所も開けており、いつもの神社の雰囲気と変わらない。
 「全村避難になったが、村への出入りは自由。神社を開け続けることに迷いはなかった」と久米さん。原発事故前に比べ数はだいぶ減ったが、お参りに来る人が途絶える日はない。「ここにいて奉仕し続けることが務めだ」と語る。
 綿津見神社宮司の多田宏さん(64)は毎朝7時に神社でお勤めし、村に平穏な日々が戻ることを願う。本殿に明かりをともして、来訪者の言葉に耳を傾ける。避難によって、家族や地域の人が散り散りになったことへの悩みを訴える人が多いという。
 多田さんは「神社はずっと、地域とそこに暮らす人たちと共に歩んできた。原発事故に伴う困難に直面した飯舘の、精神的な支柱としての役割を果たしたい」と話している。

2011_1217_125504-IMG_7638.JPG

2011_1217_125519-IMG_7639.JPG

2011_1217_125542-IMG_7640.JPG
何故飯舘村に防空監視哨があったのか、背景の事情を知らないが、とりあえず転記しておく。
「  記念碑
    碑文
元九番新館防空監視哨
昭和十六年四月十四日草野館山城跡に設立
我が国土防衛の第一線として村内の若者達が
全身全霊を尽くして努力勤務する
大きな感動を求めて成長し
昭和二十年八月十五日天皇陛下の玉音放送によって戦争
の終結を迎えてからここに過去を忍び記念碑を建立に及ぶ
 若者よ感動を求めよ
  心の目早く開けば己が宝ぞ」

2011_1217_125600-IMG_7641.JPG
「忠魂碑」。

2011_1217_130252-IMG_7661.JPG

2011_1217_125640-IMG_7643.JPG

2011_1217_130157-IMG_7660.JPG

2011_1217_125758-IMG_7646.JPG

2011_1217_125847-IMG_7650.JPG

2011_1217_125910-IMG_7651.JPG

2011_1217_125947-IMG_7654.JPG

2011_1217_130100-IMG_7656.JPG

2011_1217_130114-IMG_7657.JPG

2011_1217_130136-IMG_7659.JPG

2011_1217_130502-IMG_7666.JPG
鳥居の前から南方、草野小学校のある高台を見る。

2011_1217_130337-IMG_7665.JPG

パンダの「防水弁」(?)とウサギの「仕切弁」。前回訪問時(9月)、つる草の葉でパンダとウサギの顔が殆ど見えなかったが、すっかり葉が落ちた。
posted by 神宮威一郎 at 13:00| Comment(0) | 飯舘村

飯舘村役場とその周辺、午後0時20分

2011_1217_121935-IMG_7563.JPG
「いいたて活性化センターいちばん館」駐車場に車を置き、道路一本隔てた飯舘村役場に行く。左が「ほんの森いいたて」(図書館)、右が村役場庁舎。

2011_1217_122049-IMG_7568.JPG
毎時1.18マイクロシーベルト。12月7日から陸上自衛隊による除染作業が行われた結果、放射線量が大幅に低下している。ちなみに12月18日の『河北新報』に出ていた「福島県内の主な放射線量(17日、福島県災害対策本部・文部科学省まとめ)」によると、飯舘村は1.93マイクロシーベルトとなっている。

2011_1217_122057-IMG_7569.JPG
「心和ませ地蔵 お地蔵さまの頭をなでると『村民歌』が流れます。」

2011_1217_122104-IMG_7570.JPG
「夢大らかに
            作詞 小林金次郎
            作曲 石河清
 一 山 美わしく 水 清らかな
    その名も飯舘 我がふるさとよ
   みどりの林に 小鳥は歌い
    うらら春陽に さわらび萌える
   あゝわれら 今こそ手と手 固くつなぎて
    村を興さん 村を興さん
 二 土よく肥えて 人 情けある
    その名も飯舘 我がふるさとよ
   実りの稲田に 陽は照りはえて
    続く阿武隈 山幸歌う
   あゝわれら 夢大らかに ともに励みて
    村を富まさん 村を富まさん」

2011_1217_122126-IMG_7572.JPG
「あぶくまストーン・コンベンション」展示作品。会田富二男「雲には乗れない彼ら」。
http://kankou.vill.iitate.fukushima.jp/kanko/stone/stone06.html

「飯舘村では、平成5年度から平成7年度まで「産業と文化」をキャッチフレーズに始めた「あぶくまストーン・コンベンション」を開催しました。
 毎年3名の石彫作家を迎えて3年間続けてきた石彫造形展示の結果として、完成した石彫作品は全部で9点となり、センター地区公園「美土里」、「いいたてスポーツ公園」及び村民の森「あいの沢」に展示され、石文化の象徴となっております。石材の高度利用、そして「ものづくり」という文化の面に焦点をしぼって展開してきたこの事業は、飯舘村のみかげ石を村内外に知らしめ、さらに石とのふれあい、造形の楽しさというものを、多くの人々に貴重な思い出として残しました。」
http://kankou.vill.iitate.fukushima.jp/kanko/stone/index.html

2011_1217_122210-IMG_7574.JPG
岩村俊秀「地の力(あぶくま神)」
http://kankou.vill.iitate.fukushima.jp/kanko/stone/stone08.html

2011_1217_122309-IMG_7576.JPG
高田大「時の中に」。
http://kankou.vill.iitate.fukushima.jp/kanko/stone/stone05.html

2011_1217_122457-IMG_7580.JPG
「モニュメント」。
http://kankou.vill.iitate.fukushima.jp/kanko/stone/stone10.html

2011_1217_122504-IMG_7581.JPG
「JAEA 除染モデル事業実施中 大成建設JV」。

2011_1217_122508-IMG_7582.JPG
「いいたてクリニック」。

2011_1217_122536-IMG_7583.JPG
交差点を渡って「いいたてスポーツ公園」を見る。

2011_1217_122538-IMG_7584.JPG

2011_1217_122707-IMG_7586.JPG
左手、「いいたてスポーツ公園」駐車場。

2011_1217_122722-IMG_7587.JPG
前回訪問時(9月)はコンクリートの隙間から生えた草が伸び放題で、うら寂しい光景が広がっていたが、除染のための業者の基地とされたらしい。業者による除染は来年1月から本格化するとのことなので、まだ準備段階だが、車両と人が頻繁に移動しており、活況を呈していると言ってよいほど。

2011_1217_122726-IMG_7588.JPG

2011_1217_122802-IMG_7590.JPG

2011_1217_122826-IMG_7591.JPG

2011_1217_122837-IMG_7592.JPG

2011_1217_122920-IMG_7593.JPG
「安全掲示板」。つい最近設置されたようで、実質的な内容は何も書かれていない。

2011_1217_122934-IMG_7595.JPG

2011_1217_123003-IMG_7597.JPG
飯舘村のホームページを見ても、作者と作品名の記載がない。

2011_1217_123058-IMG_7601.JPG

2011_1217_123121-IMG_7603.JPG
3時42分という中途半端な時間で止まっているが、単なる電池切れか。撮影は12時31分。

2011_1217_123152-IMG_7606.JPG

2011_1217_123223-IMG_7608.JPG
陸上競技場。

2011_1217_123226-IMG_7609.JPG

2011_1217_123958-IMG_7625.JPG
車を止めておいた「いいたて活性化センターいちばん館」に戻ると、私が来るのを待ちかねていたらしい「見守り隊」のおじさんから、「ここは見守り隊の駐車場だから車を移動してください」と言われる。「見守り隊」本部詰所の入り口に近い一番良い場所を占拠していたらしいので、早速移動する。
posted by 神宮威一郎 at 12:20| Comment(0) | 飯舘村

臼石、午前11時50分

2011_1217_114851-IMG_7522.JPG
国道399号線と県道12号線(原町川俣線)・県道315号線(臼石月舘線)が交わる臼石の交差点近くに駐車し、東方向(南相馬市方面)を見る。
県道12号線の交通量は多く、信号のある交差点以外の横断は危険なほど。

2011_1217_114853-IMG_7523.JPG
「JENKA 生鮮&惣菜 酒&タバコ」

2011_1217_114912-IMG_7524.JPG
北方向(月舘方面)を見る。

2011_1217_115000-IMG_7525.JPG
「ニュートラック いいたて」は場外馬券売り場。
大震災以降閉鎖中。

2011_1217_115120-IMG_7528.JPG
地図には「古峯神社」とあったので行ってみたが・・・。

2011_1217_115209-IMG_7530.JPG
鳥居の下の石柱には「臼石神社」とある。
ただし、左には「古峯神社」も。

2011_1217_115228-IMG_7531.JPG

2011_1217_115434-IMG_7538.JPG
「明治三十年一月十五日」

2011_1217_115306-IMG_7532.JPG
中を覗くと、二十数枚の表彰状が額に入れて飾られていた。
主として地区の集会所として利用されているようだ。

2011_1217_115352-IMG_7535.JPG
多数の車が駐車している。

2011_1217_115410-IMG_7537.JPG

2011_1217_115546-IMG_7539.JPG
「JAEA 除染モデル事業実施中 大成建設JV」。
ちなみに「仕切弁」「空気弁」「三方弁」は水道設備で用いているバルブの所在を示すものらしい。
飯館村の随所に、このようなパンダ・うさぎ・犬等のマークを付した標識が立っている。
周辺の他の市町村では事務的に漢字で書かれているだけの標識を、このように一工夫して表示しているのも飯舘村の特徴。

2011_1217_115831-IMG_7543.JPG
中古車販売中。

2011_1217_115907-IMG_7544.JPG
「石臼の里」。

2011_1217_120219-IMG_7557.JPG
「ジェラート・バンビーノ」
地元で評判のアイスクリーム店だったそうであるが、閉鎖中。

http://www.j-bambi.com/

2011_1217_120140-IMG_7553.JPG
雪のために眼帯をかけたようになっているピカチュウ像。

2011_1217_120114-IMG_7551.JPG
姉妹店「天山ラーメン」の店頭に佇む、もう一体のピカチュウ像。

2011_1217_120125-IMG_7552.JPG

posted by 神宮威一郎 at 11:50| Comment(0) | 飯舘村

細川牧場、午前11時40分

飯館村臼石の細川牧場には現在も牛がいる。
以下、半年前(6月30日)の朝日新聞より引用。

-------------
避難区域の牛馬救う 福島・飯舘の男性に全国から義援金
 東京電力福島第一原発の事故後、20キロ圏内などの避難区域に残された牛や馬を約470頭助け出し、引き取り先を探しながら世話を続ける男性がいる。飯舘村の家畜商で農家の細川徳栄(とくえ)さん(59)。全国から届いた700件、5千万円を超す義援金と牧草などの支援物資が支えになっている。
 原発事故直後の3月半ば、避難指示が出た南相馬市小高区の知り合いの農家が、避難先の新潟県から電話してきた。「牛をそのままにしてきた。何とか助けられないか」。翌朝、娘の美和さん(25)とトラックで牧場に向かい、8頭の牛を救い出した。
 避難中の農家の間で評判になり、依頼が相次いだ。大熊町や双葉町など約30戸の和牛約450頭や競走馬約20頭を保護。求めに応じて売却したり、遠くは京都の牧場などに避難させたりした。ガソリンやえさ、資金の確保に苦労したが、活動が報道などで知られるようになると、現金書留や物資が全国から届くように。4月には、米国オレゴン州で畜産業を営む米国人男性が2千万円を届けに来た。神奈川県から大型トラックいっぱいの牧草を運んで来た男性もいる。
 細川さんは畜産農家の3代目。生まれたときから牛や馬がそばにいた。「牛や馬は私の家族。見殺しにすることはできなかった」。6カ所に分かれた計約150ヘクタールの牧場には、もともと飼っていた馬32頭と繁殖用の牛20頭のほか、保護した後、買い手がつくのを待つ牛が約30頭おり、妻の多美子さん(64)、美和さんと3人で世話をしている。「計画的避難区域」の飯舘村では、原則全村民が避難するよう求められている。細川さんは「避難できる牧場が見つかるまでは村に残り、飼育を続けるつもりだ」と話している。(神沢和敬)
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201106290604.html


2011_1217_113859-IMG_7498.JPG
山津見神社から県道315号線(臼石月館線)に出て南下、県道12号線(原町川俣線)と交差する少し手前の西側に細川牧場の放牧地がある。

2011_1217_113912-IMG_7499.JPG
牧舎の手前、200メートルほどの道路脇の空き地に駐車し、牧舎のある南方向を見る。

2011_1217_113951-IMG_7501.JPG
西方向。

2011_1217_114002-IMG_7502.JPG
北方向。

2011_1217_114010-IMG_7503.JPG
再び南方向。
小さな溝状の地形を隔てて放牧地が広がる。

2011_1217_114041-IMG_7504.JPG

2011_1217_114046-IMG_7505.JPG

2011_1217_114055-IMG_7506.JPG

2011_1217_114059-IMG_7507.JPG

2011_1217_114101-IMG_7508.JPG

2011_1217_114107-IMG_7509.JPG

2011_1217_114112-IMG_7510.JPG

2011_1217_114117-IMG_7511.JPG

2011_1217_114121-IMG_7512.JPG

2011_1217_114130-IMG_7513.JPG

2011_1217_114216-IMG_7515.JPG
道路に戻って北方向を見る。
街路灯にも洒落たデザインが施されている。
飯舘村は特産の豊富な石材を利用した彫刻・モニュメントが多数道路脇に置かれており、実用的な施設にもちょっとした美的な工夫が加えられていて、経済的な余裕と心の豊かさを感じさせる。
決して貧しい寒村ではない。

2011_1217_114441-IMG_7516.JPG
細川牧場の入り口。

2011_1217_114459-IMG_7517.JPG
何故かドジョウ掬いをやっている。

2011_1217_114505-IMG_7518.JPG

2011_1217_114515-IMG_7519.JPG

2011_1217_114535-IMG_7520.JPG
「八石山入口」
posted by 神宮威一郎 at 11:40| Comment(0) | 飯舘村