2012年03月16日

南三陸町・戸倉神社(その1)、午後3時30分

【更新日:2013年12月12日】

宮城県神社庁の神社検索では戸倉神社は次のように紹介されている。

---------
戸倉神社(とぐらじんじゃ)
鎮座地: 宮城県本吉郡南三陸町戸倉字戸倉30
主祭神: 武内宿祢、国常立命、天児屋根命
例祭日: 旧9月2日
由緒:
後白河天皇、保元2年(1157)のこと横山不動尊百濟国から塩津浦(当浜)に漂着したが、着いた後地裂し、二分されて、その商船が池深く沈んだと伝えられている。その船の錨石が有った場所として現在家号、錨石と云う家号がある。又錨石神社もある。この池は明神沼で地裂した着船の船具を積み重ね、その上に戸倉明神社が鎮座されました。一の社は武内宿祢、二の社は国常立尊、三の社は天児屋根命であったが、明治2年に神仏分離の時から、三社が合祀されたと伝えられている。
http://www.miyagi-jinjacho.or.jp/

波伝谷と戸倉神社については東北歴史博物館調査報告書「波伝谷の民俗−宮城県南三陸沿岸の村落における暮らしの諸相−」(PDF版)に詳しい。
http://www.thm.pref.miyagi.jp/archives/book_pdf/minzoku/hadennya_minzoku.pdf
また、「農漁家民宿かくれ里」のホームページとブログも参考になる。
http://homepage3.nifty.com/kakurezato/index.html
http://kakurezato.cocolog-nifty.com/blog/

2012_0316_152858-IMG_9773.JPG
波伝谷(はでんや)に鎮座する旧戸倉村の鎮守、戸倉神社を国道398号線から見る。
手前はガソリンスタンド跡らしい。

2012_0316_152927-IMG_9774.JPG
宮司宅跡に置かれた仮社務所用のコンテナハウス。
大崎八幡宮のブログ「麻美子の部屋」の2011年8月7日記事に設置時の説明がある。
http://www.okos.co.jp/oosaki/thisweek/index.html

2012_0316_152942-IMG_9775.JPG

2012_0316_152955-IMG_9776.JPG
第一鳥居跡。

2012_0316_153001-IMG_9777.JPG

2012_0316_153006-IMG_9778.JPG
「震災復興祈願」

2012_0316_153046-IMG_9779.JPG
第二鳥居跡。

2012_0316_153055-IMG_9780.JPG

2012_0316_153119-IMG_9781.JPG
「平成八年※月※日
 長床並に第二鳥居新築工事寄付者名簿
 波伝谷部落
 (略)
 津の宮部落
 (略)」

2012_0316_153127-IMG_9782.JPG
「水戸辺部落
 (略)
 在郷部落
 (略)」

戸倉神社は旧戸倉村の波伝谷・津の宮・水戸辺・在郷の四部落(集落)の総鎮守で、長床・鳥居新築工事の寄付者名も四つの集落毎に列挙されている。
この四つの集落のうち、波伝谷・津の宮・水戸辺は海辺に位置し、津波の到来を予想して避難した人が多かったため犠牲者は少なかったそうであるが、内陸の在郷集落では住民約二百人のうち、約五十人の死者・行方不明者を出したという。

2012_0316_153135-IMG_9783.JPG

2012_0316_153202-IMG_9784.JPG
「戸倉神社」

2012_0316_153213-IMG_9785.JPG
鐘楼。

2012_0316_153226-IMG_9786.JPG
「施主氏子中
 (中略)
 平成十三年九月二日」

2012_0316_153238-IMG_9787.JPG
「戸倉神社鐘銘」

2012_0316_153243-IMG_9788.JPG
二羽の鳥が浮き彫りになっている。

2012_0316_153255-IMG_9789.JPG
右から
「天照皇太神」
「月山 湯殿山 羽黒」
「金毘羅大権」
「庚申」
(...)
(...)
「度会神社」
(...)
「度会神社」

2012_0316_153333-IMG_9793.JPG

2012_0316_153343-IMG_9794.JPG

2012_0316_153400-IMG_9795.JPG
「波伝谷板碑群(はでんやいたびぐん)
 板碑は中世の供養碑です。志津川ではこれまで約280基の板碑が発見されており、鎌倉時代の弘安六年(1283)から室町時代の宝徳三年(1451)までの年号が読み取れますが、南朝の年号や戦国時代に入ってからの板碑は確認されていません。
 波伝谷地区には43基の板碑がみられ、うち年号の刻まれたものは15基(1283〜1397)で、弘安六年(1283)のものは気仙沼・本吉地方で最古の板碑です。また、ここに並ぶ28基は、平成元年に国道の拡幅工事に伴って戸倉神社下の明神池から掘り出されたものです。
 志津川の中世を語る文献史料はほとんど残されていないため、板碑の存在は当時の歴史を知るうえで貴重な手懸かりとなります。今後とも大切に残していきましょう。
  平成15年3月 志津川町教育委員会」
posted by 神宮威一郎 at 15:30| Comment(0) | 南三陸町

南三陸町・水戸辺漁港、午後3時05分

2011年08月25日付『河北新報』より引用。

-----------
苦難越え供養の舞再び 南三陸町で郷土芸能「水戸辺鹿子躍」

 宮城県南三陸町戸倉水戸辺地区の郷土芸能「水戸辺鹿子躍(ししおどり)」の保存会メンバーが東日本大震災を乗り越え、活動を続けている。水戸辺鹿子躍は岩手県南部から宮城県北部に広がった行山流のルーツとされ、長く途絶えていた伝承を18年前に復活させた。メンバーは津波で流出した衣装や道具を拾い集め、外部の支援も受けて活動再開にこぎ着けた。
 水戸辺鹿子躍は、鹿頭を着けた8人の踊り手が太鼓を打ちながら踊り、魔よけを祈り、先祖を供養する。震災後は7月から本格的な活動を再開し、仙台市であった六魂祭や登米市の夏祭りに出演。勇壮な踊りを披露し、来場者から盛んな拍手を浴びた。
 東日本大震災の津波は地元の水戸辺、在郷地区を襲い、保存会メンバーだった22歳の男性と、中学2年の男子生徒の命を奪った。太鼓などの道具と衣装を保管していた公共施設も流された。保存会会長で養殖業の村岡賢一さん(61)らは泥にまみれた太鼓や衣装を一つ一つ拾い、洗った。
 被災地の伝承団体の苦境を知った国立民族学博物館(大阪府)の林勲男准教授(53)らは「愛deer(アイディア)プロジェクト」を結成。長野、兵庫両県から集めた鹿の角10対を村岡さんに送った。
 水戸辺鹿子躍は地区の石碑などから、行山流の起源として江戸時代中期に始まったとされるが、長く伝承が途絶えていた。村岡さんらは1991年に保存会を結成し、一関市の団体から指導を受け、93年に正式な伝承団体として認められた。地元小中学校で踊りを教えたり、イベントに参加したりし、2002年に町の無形文化財に指定された。
 林准教授は「一度途絶えた伝承の復活には、技能、知識、機会などさまざま条件がそろわなければならず、並大抵ではない。しかも、水戸辺では今回の津波で2人の若者も失った。私たちが支援することで、活動再開のきっかけにしてほしかった」と説明する。
 震災後、活動を再開したことを聞きつけ、あちこちから出演依頼が舞いこんでいる。村岡さんは「途切れさせず、今、踊っていることが大事。これからも伝え続けていきたい」と意気込む。
http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1062/20110825_06.htm

2012_0316_150619-IMG_9725.JPG

2012_0316_150715-IMG_9726.JPG
「People’s Republic of China」。中国は東日本大震災発生直後に支援物資の一部としてテント900張を日本に送ったそうなので、その中のひとつなのであろう。他の場所でも同種のテントをしばしば見かける。

2012_0316_150718-IMG_9727.JPG

2012_0316_150727-IMG_9728.JPG
「JF戸倉出張所」。

2012_0316_150751-IMG_9730.JPG
「第1種:三戸辺漁港
 所在地:宮城県元吉郡
     南三陸町戸倉字 水戸辺漁港
 管理者:南三陸町
 所管 :水産庁」

2012_0316_150823-IMG_9731.JPG

2012_0316_150843-IMG_9732.JPG
堤防に上ってみる。正面は松崎。

2012_0316_150846-IMG_9733.JPG

2012_0316_150848-IMG_9734.JPG
中央の白い建物は「南三陸ホテル観洋」。

2012_0316_150853-IMG_9735.JPG

2012_0316_150856-IMG_9736.JPG

2012_0316_151009-IMG_9738.JPG

2012_0316_151112-IMG_9740.JPG
大きな岩の上に奇妙な形をしたものが置かれている。

2012_0316_151126-IMG_9741.JPG
大船渡市の碁石海岸で、このような形の石に「えびす」と書かれた木札がつけられているのを見たことがある。

2012_0316_151202-IMG_9742.JPG

2012_0316_151217-IMG_9743.JPG
宗教的な碑かと思ったが、「風雪磨人」とある。周囲に散乱する岩等を見ても、明確に寺社の跡と判断できるものはない。

2012_0316_151249-IMG_9745.JPG
結局、どういう場所だったのかはよく分からず。

2012_0316_151429-IMG_9748.JPG
車を停めておいた場所に戻る。白いテントの脇で、数人が何やら協議中。

2012_0316_151654-IMG_9749.JPG
坂道を登って国道398号線に出る手前に掲示板がある。

「行山流鹿踊(八鹿踊り)発祥の地
 ここは(旧水戸辺村=現在の水戸辺・在郷・波伝谷・津の宮)伊達藩領北部に伝わる行山流八鹿踊りの発祥地です。
 水戸辺村住人伊藤伴内持遠を元祖として元禄年間(一六八八〜一七〇三年)から各地に広まりました。
 一関市舞川地区に伝わる伴内の花押入り巻物(踊り伝授書-元禄十三年のもの)には弟の水戸辺村五郎、関の上三介に伝えられ更には元吉郡入谷村四郎兵衛(入谷八幡神社に踊りを奉納した者として「入谷古今集」に記述有)によって各地に広められた事や、登米の殿様より「輪違い紋」の使用を許された事等記載されております。
 当時志津川産の生糸が品質優秀な事から伊達藩領内隅々から技術の習得や交易のため人々がこの地に集まり、そして芸能の交流が行われ、それが今日まで五穀豊穣の祈願・災厄を払う踊りとして伝承されたものと思われます。
 この地に建立している躍供養碑は享保九年(一七二四)八鹿踊りを記念して作られたものです。
  昭和五十八年一月
   志津川町教育委員会
   財団法人宮城県文化財保護協会」

2012_0316_151700-IMG_9750.JPG
コンクリートの階段横に小さな石仏が横たわっている。

2012_0316_151715-IMG_9751.JPG

2012_0316_151720-IMG_9752.JPG
倒れた木柱には下の掲示板と同趣旨の記載があり、最後に「(昭和五十七年 一九八二年四月発見)」と記されている。

2012_0316_151732-IMG_9754.JPG
躍供養碑のある場所から水戸辺漁港を見る。

2012_0316_151729-IMG_9753.JPG

2012_0316_151739-IMG_9755.JPG
posted by 神宮威一郎 at 15:05| Comment(4) | 南三陸町

南三陸町・戸倉中学校、午後2時55分

戸倉中学校では生徒1名、教師1名が犠牲となった。
以下、2011年4月15日付の毎日新聞より。

---------
子どもの笑顔守りたい 教諭ら中学再開に奔走−−宮城・南三陸

 東日本大震災の大津波で校舎が損壊した宮城県南三陸町立戸倉中の教諭らは、町外の校舎で迎える新学期の準備に追われている。技術科の菊田浩文教諭(49)は津波にのみ込まれた老夫婦を助けようとして一緒に救助に当たった同僚教諭を亡くし、両親も自宅も奪われた。それでも「子供たちには夢を持たせてやりたい」という気持ちから、笑顔を絶やさない。【垂水友里香】

 戸倉中の教諭や生徒約70人は3月11日午後、翌日の卒業式の準備をしていた。巨大地震の発生後、菊田教諭らは指定避難所の同校に逃げてきた住民の誘導に当たった。海を見た瞬間、大津波が堤防を越えるのが見えた。「来るぞ! 逃げろー」。思わず叫んだ。
 その時、校庭を横切る高齢の男女が目に入った。夫婦のようで、男性は足の不自由な女性の手を引いていた。同僚の猪又聡教諭(43)が男性、菊田教諭が女性を抱えて逃げようとした時、「高い水の壁が平行移動するようにやって来た」。水没し息が続かない。「こんなに簡単に人間って死ぬんだ」。冷静に思った。目に入った木の枝に必死にしがみ付き、一命は取り留めた。
 搬送された石巻赤十字病院(石巻市)で、肋骨(ろっこつ)2本が折れているのが分かった。助かった安堵(あんど)よりも喪失感に襲われた。猪又教諭は遺体で見つかった。気仙沼市・大島で暮らす両親も帰らぬ人となった。「自分だけ助かってしまった」。そんな気持ちに押しつぶされそうになり「夢というものを失った」。
 菊田教諭を救ったのは、震災後も変わらない子供の笑顔だった。「守りたいもの」に改めて気が付いた。少しずつ前を向けるようになった。
 戸倉中は、隣接する登米市の廃校になった旧善王寺小に移転し、5月初旬に新学期を迎える。菊田教諭は今、事務作業や荷物の運び出しに汗を流す。「制約は当然あるけど、子供のやりたいことができる環境を整えてやりたい」という気持ちが体を突き動かす。
 何もかも失ったあの日。避難生活を送る子供にようやく冗談を言えるようになった。「自分のことだけ考えていたら確実に生きていられなかった」。でも今は違う。「子供が笑顔になるように、やらなければならないことは山ほどある」
http://mainichi.jp/life/edu/juniorhighschool/archive/news/2011/04/20110415dde041040008000c.html

2012_0316_145348-IMG_9699.JPG
"TOKURA"ではなく、"TOGURA"。

2012_0316_145444-IMG_9700.JPG
「南三陸町立戸倉中学校」。
玄関はべニア板で覆われていた。
1階の窓ガラスには破損が目立つが、全部壊れている訳でもない。

2012_0316_145446-IMG_9701.JPG
浸水した校庭には仮設住宅が設置されている。
原口・岩松『東日本大震災津波詳細地図上巻』によれば戸倉中学校の津波浸水高は20.22メートルで、浸水域外に仮設住宅を設けようとしても、実際上適当な場所がない。

2012_0316_145448-IMG_9702.JPG

2012_0316_145457-IMG_9703.JPG
体育館。

2012_0316_145525-IMG_9705.JPG

2012_0316_145523-IMG_9704.JPG
体育館の直下まで津波で大きく抉られている。

2012_0316_145536-IMG_9706.JPG
黒い固まりは漁網。

2012_0316_145555-IMG_9707.JPG
正面、戸倉小学校。
その奥に戸倉小学校の児童と戸倉保育所の園児が避難した五十鈴神社の鳥居が小さく見える。(要拡大)

2012_0316_145616-IMG_9708.JPG

2012_0316_145618-IMG_9709.JPG
折立漁港。

2012_0316_145631-IMG_9711.JPG

2012_0316_145633-IMG_9712.JPG
国道398号線。

2012_0316_145653-IMG_9713.JPG
撮影は遠慮したが、校舎の裏玄関付近で網の手入れをしている漁師さんがいた。
その人と世間話をしていたおばさんが仮設住宅の方へ歩いて行った。

2012_0316_145623-IMG_9710.JPG
校舎裏側。

2012_0316_145723-IMG_9714.JPG
左奥、樹木に覆われた小さな山のように見えるのが荒島。(要拡大)

2012_0316_145726-IMG_9715.JPG

2012_0316_145739-IMG_9716.JPG

2012_0316_145748-IMG_9717.JPG
根本から折れた照明灯。

2012_0316_145823-IMG_9718.JPG

2012_0316_145825-IMG_9719.JPG

2012_0316_145835-IMG_9720.JPG

2012_0316_145842-IMG_9721.JPG
正面は松崎。その奥が椿島。(要拡大)

2012_0316_145857-IMG_9722.JPG
校舎を一周して校庭に戻る。

2012_0316_145946-IMG_9724.JPG
教育ボランティアらしい女性と追い駆けっこをする子供。
posted by 神宮威一郎 at 14:55| Comment(4) | 南三陸町

南三陸町・戸倉小学校(その3)、午後2時40分

2012_0316_144128-IMG_9672.JPG
屋上に上ってみる。

2012_0316_144139-IMG_9673.JPG
牡蠣殻が散乱している。

2012_0316_144153-IMG_9674.JPG
給水塔も完全に水没した。
校長・教職員が判断を誤っていたら、おそらく児童全員が死亡しただろう。

2012_0316_144203-IMG_9675.JPG

2012_0316_144208-IMG_9676.JPG

2012_0316_144223-IMG_9677.JPG

2012_0316_144224-IMG_9678.JPG

2012_0316_144236-IMG_9679.JPG

2012_0316_144240-IMG_9681.JPG
折立漁港。

2012_0316_144241-IMG_9682.JPG

2012_0316_144244-IMG_9683.JPG
戸倉中学校。

2012_0316_144314-IMG_9684.JPG

2012_0316_144316-IMG_9685.JPG

2012_0316_144342-IMG_9686.JPG

2012_0316_144345-IMG_9687.JPG
「宇津野高台」と五十鈴神社。

2012_0316_144347-IMG_9688.JPG

2012_0316_144348-IMG_9689.JPG
一階にいた二人組のひとりが上がってきた。

2012_0316_144450-IMG_9692.JPG

2012_0316_144506-IMG_9694.JPG
屋上から3階に下りる。

2012_0316_144523-IMG_9695.JPG

2012_0316_144557-IMG_9696.JPG

2012_0316_144734-IMG_9697.JPG
体育館越しに給水塔を見上げる。
posted by 神宮威一郎 at 14:40| Comment(0) | 南三陸町

南三陸町・戸倉小学校(その2)、午後2時35分

2012_0316_143750-IMG_9646.JPG
「万延元年三月三日 井伊大老」
著者名の部分が切れているが、『万延元年三月三日―日本の夜あけと井伊大老 (日本史の目)』(長谷川泉著、さえら書房) という本らしい。

2012_0316_143800-IMG_9647.JPG

2012_0316_143802-IMG_9648.JPG
海風。

2012_0316_143808-IMG_9649.JPG

2012_0316_143816-IMG_9650.JPG
「三月十一日金曜日」

2012_0316_143824-IMG_9651.JPG

2012_0316_143832-IMG_9652.JPG

2012_0316_143838-IMG_9653.JPG

2012_0316_143840-IMG_9654.JPG

2012_0316_143854-IMG_9655.JPG
給食運搬用のエレベーター。
ポスターあり。
「 給食当番のこころえ
 石けんで手をあらった?
 ボタンは、きちんとつけてる?
 ぼうし・マスクはつけてる? 」

2012_0316_143913-IMG_9656.JPG
図書室。

2012_0316_143920-IMG_9657.JPG

2012_0316_143930-IMG_9659.JPG

2012_0316_143942-IMG_9660.JPG

2012_0316_143945-IMG_9661.JPG

2012_0316_143957-IMG_9662.JPG
三階へ上る。

2012_0316_144001-IMG_9663.JPG

2012_0316_144006-IMG_9664.JPG

2012_0316_144015-IMG_9665.JPG

2012_0316_144022-IMG_9666.JPG

2012_0316_144023-IMG_9667.JPG
広い窓から志津川湾を望む。
中央に校歌に歌われている「たぶの木しげる椿島」が浮かぶ。
その右は松崎。

2012_0316_144037-IMG_9668.JPG
右手の高台に戸倉中学校がある。
相当な高さがあるように見えるが、戸倉中学校の1階も浸水した。

2012_0316_144040-IMG_9669.JPG

2012_0316_144042-IMG_9670.JPG
折立川河口の水門と折立漁港。

2012_0316_144046-IMG_9671.JPG
posted by 神宮威一郎 at 14:35| Comment(0) | 南三陸町