2011年09月06日

2011年9月の磯ノ上稲荷神社、午前8時40分

【投稿日:2013年4月3日】

「2011年11月の磯ノ上稲荷神社」
http://chingokokka.sblo.jp/article/54130975.html
「2011年12月の磯ノ上稲荷神社」
http://chingokokka.sblo.jp/article/51675182.html
「山田神社遷座祭・復興祈願祭」(その5)
http://chingokokka.sblo.jp/article/54193284.html
「2012年6月の磯ノ上稲荷神社」
http://chingokokka.sblo.jp/article/64241723.html
「2012年8月の磯ノ上稲荷神社」
http://chingokokka.sblo.jp/article/64329550.html


森幸彦氏(福島県立博物館)の2011年8月28日のツイートに、「8月24日、兵庫県神道青年会に和歌山、滋賀の神青が加わり、30名の皆さんが、南相馬市鹿島区南海老の金砂神社、磯ノ上稲荷神社、北右田御刀神社境内八坂神社の3ヶ所に仮社殿を設置してくださいました」とあったので、福島県女子神職会が真野川河口の川口神社で行う慰霊祭に伺う前に、この三社を参拝することした。
https://twitter.com/Tukisakaki/status/107761009267195904

2011_0906_084613-IMG_8353.JPG
手持ちの地図で単に稲荷神社と記載されていて大きな石碑等があった場所で探してもなかなか見つからず、道路を挟んで少し離れた高台に小さな社殿を発見したものの、屋敷神のようにも思えたので本当にここでよいのかと不安だった。

2011_0906_084153-IMG_8343.JPG
仮社殿は南面している。

2011_0906_084655-IMG_8356.JPG
背景は八沢浦干拓地。

2011_0906_084643-IMG_8355.JPG
仮社殿の後から八沢浦干拓地を望む。
道路は県道74号線(原町海老相馬線)の相馬方面。

2011_0906_084704-IMG_8357.JPG
西方向。
細い道路を挟んで八沢浦干拓地の開発に貢献した人物の顕彰碑などがある「磯ノ上公園」。
こちらが稲荷神社の所在地かと思って神社の痕跡を探して歩いた。

2011_0906_084706-IMG_8358.JPG
少し左。

2011_0906_084531-IMG_8350.JPG
仮社殿のある高台の一番海寄りに花が飾られている一画があった。

2011_0906_084347-IMG_8344.JPG
「父母妹永眠 2011.3.11」

2011_0906_084518-IMG_8349.JPG

2011_0906_084556-IMG_8352.JPG
posted by 神宮威一郎 at 08:40| Comment(0) | 南相馬市鹿島区
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。