2012年08月20日

大洲海岸(その3)、午後1時35分

【投稿日:2013年3月26日】

2012_0820_133520-IMG_8978.JPG
奥の黄色い建物は尾浜のホテル「賀都屋」。
その手前には荷台に砂を積んだキャタピラーダンプ。
更にその手前には白鷺が4羽。(要拡大)

2012_0820_133527-IMG_8979.JPG
中央・奥は相馬共同火力発電所の煙突。
キャタピラーダンプが荷台の砂を降ろしている。(要拡大)

2012_0820_133530-IMG_8980.JPG
奥に松川浦大橋。
手前の砂州には黒い鳥が20羽ほどいる。(要拡大)

2012_0820_133539-IMG_8983.JPG

2012_0820_133544-IMG_8985.JPG
鵜の尾岬トンネル付近を拡大。

2012_0820_133707-IMG_8987.JPG
アオサギ?(要拡大)

2012_0820_133713-IMG_8988.JPG

2012_0820_133734-IMG_8989.JPG

2012_0820_133825-IMG_8993.JPG
中央、鵜の尾岬。
海側は青々とした草原。

2012_0820_133827-IMG_8994.JPG
同じ位置から少し右。

2012_0820_133832-IMG_8996.JPG
振り返る。
南方向。奥は茶屋ヶ岬。

2012_0820_133834-IMG_8997.JPG
南西方向。

2012_0820_133836-IMG_8998.JPG
西方向。
中央・奥は宇多川河口付近。

2012_0820_133838-IMG_8999.JPG
北西方向。

2012_0820_133902-IMG_9000.JPG
軽快なエンジン音とともに二艘の漁船が近づいてくる。

2012_0820_133926-IMG_9001.JPG
先頭は二人乗りの「第二丸義丸」。
下から読んでも同じの珍しい名前。

2012_0820_133929-IMG_9002.JPG
後続は三人乗りの「第一六軒丸」。

2012_0820_133932-IMG_9003.JPG
青々とした海藻のようなものを積んでいるが、これは特産物の青海苔に関係するのであろうか。
訪問したのは8月20日であるが、「相馬双葉漁業協同組合松川浦支所」ブログによれば、原発事故の影響を考慮し、翌9月に平成24年度の操業自粛を決定したとのこと。

参考:「相馬双葉漁業協同組合松川浦支所」ブログ
http://matsukawa-ura.sblo.jp/article/58248425.html

2012_0820_133936-IMG_9004.JPG

2012_0820_133939-IMG_9005.JPG

2012_0820_134014-IMG_9010.JPG

2012_0820_134030-IMG_9011.JPG
二艘の漁船が去って行く。

2012_0820_134056-IMG_9014.JPG
漁船の後姿を拡大。
posted by 神宮威一郎 at 13:35| Comment(0) | 相馬市
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。