2012年04月15日

戸倉・五十鈴神社、午後2時40分

【投稿日:2012年7月6日】
戸倉中学校仮設住宅での春祈祷が休憩時間に入ったので、近辺でまだ参詣していなかった五十鈴神社に行くことにした。
ここは戸倉小学校・戸倉保育所の児童・園児が避難した場所。
戸倉小学校についてはこちら。(2012年3月16日訪問時の様子)
http://chingokokka.sblo.jp/article/54486582.html

2012_0415_144223-IMG_5613.JPG
戸倉小学校付近から津波で所々舗装が剥がされている道を進み、「宇津野高台」の五十鈴神社駐車場に車を停めて神社を見上げる。
原口・岩松『東日本大震災津波詳細地図上巻』によれば、五十鈴神社周辺の津波浸水高は20.71mで、小さな丘の上にある五十鈴神社の周りの本当にごく一部だけが津波を免れた。

2012_0415_144226-IMG_5614.JPG
神社駐車場の端から戸倉小学校を見る。

2012_0415_144229-IMG_5615.JPG
中央奥が戸倉中学校の校舎と体育館。

2012_0415_144232-IMG_5616.JPG
同じ位置から少し右。

2012_0415_144234-IMG_5617.JPG
更に右。
消防自動車が一台置かれている。

2012_0415_144249-IMG_5618.JPG
沢山の杉の木が伐採されている。

2012_0415_144330-IMG_5620.JPG
「奉祝天皇陛下御在位六十年記念
 五十鈴神社鳥居奉納者
 (※9名の氏名略)
 昭和六十一年四月吉日」

2012_0415_144407-IMG_5621.JPG

2012_0415_144430-IMG_5622.JPG

宮城県神社庁の神社検索では、五十鈴神社は次のように紹介されている。

---------
鎮座地: 宮城県本吉郡南三陸町戸倉字千谷102-2
主祭神: 天照皇大神
例祭日: 9月16日
由緒:
土地の古老佐藤十右衛門の先祖伊勢参宮の折神璽を奉載し来り、これを此地に奉祀して守護神と仰ぎたるに創る。その年月不詳、明治に至り折立の産土神として住民の崇敬するところである。昭和22年保々倉神社を合祀する。
http://www.miyagi-jinjacho.or.jp/

2012_0415_144443-IMG_5623.JPG
「清酒月桂冠」の箱に「平成二十四年三月十一日」との日付と奉納者名が書かれている。

2012_0415_144552-IMG_5624.JPG
この小さな社殿で児童・園児が一夜を明かしたという。

2012_0415_144602-IMG_5625.JPG
被災時の焚火跡であろうか。

2012_0415_144627-IMG_5626.JPG
参道を引き返す。

2012_0415_144649-IMG_5627.JPG

2012_0415_144729-IMG_5628.JPG
僅かな高さの違いであるが、手前の家は撤去され、奥の家は無事。

2012_0415_144842-IMG_5629.JPG
神社駐車場から望遠レンズで周囲を撮影。
戸倉小学校。

2012_0415_144847-IMG_5630.JPG
戸倉中学校。

2012_0415_144857-IMG_5631.JPG
戸倉小学校の体育館の奥、水戸辺漁港と水戸辺仮設住宅。

2012_0415_144859-IMG_5632.JPG
椿島。
右は魔王神社のある松崎。

2012_0415_144903-IMG_5633.JPG
折立漁港の防波堤。
中央奥は荒島、右が荒砥崎。

2012_0415_144906-IMG_5634.JPG
折立川防潮水門。

2012_0415_144907-IMG_5635.JPG
国道398号線、折立。

2012_0415_144935-IMG_5636.JPG
posted by 神宮威一郎 at 14:40| Comment(8) | 南三陸町
この記事へのコメント
http://www.miyagi-jinjacho.or.jp/jinja-search/detail.php?code=310030874
このHPの写真をみると屋根は瓦葺きで、校長先生の報告書でも、震災当夜屋根瓦がおちそうだったとありますが、2012年04月15日戸倉・五十鈴神社、午後2時40分では屋根は瓦葺きではなくなっているので、改修された?のだろうかと思います。「南三陸日記」(三浦英之)に、山側の津波の被害を免れた集落で、女性達が炊き出しをして、お握りを沢山握った話があります。小学校が壊滅し、当然、小学生も全滅かと思われていた中、この神社が小学生と保育園児達を救ったのは、本当に奇跡的だろうと思います。
その詳細な神社の写真を拝見させて頂きありがとうございます。




http://www.pref.miyagi.jp/kyouiku/new/syou/tokurasyo.pdf
東日本大震災における戸倉小学校の避難について ~児童の引き渡しが終了するまでの避難について~
南三陸町立戸倉小学校 校長麻生川敦
Posted by bluemonkshood at 2012年07月16日 12:44
>掲示板未読の方々
bluemonkshoodさんには掲示板の方にも投稿していただいており、私も掲示板にて返信しています。
こちらだけだと私がレスをさぼっているように見えるので、書いておきます。

http://6925.teacup.com/kabura/bbs/6485
http://6925.teacup.com/kabura/bbs
Posted by 神宮 at 2012年07月21日 13:28
「奉納
小壁漁場大漁祈願
金毘羅恵比寿
奉納者 静岡県田方郡字佐美村344
森 久吉
贈呈 鎮座50周年記念に際し子孫一同 昭和55年11月27日」
静岡県の人が奉納者となっている。
どのような縁があるのか。

初めまして、突然のコメント失礼いたします。
この、えびすさんの 子孫のモノです。
実際にこちらにはお伺いしたことはないのですが
私のひいおじいさんが 森 久吉 だと思います。

無事がわかってとても嬉しいです。
ありがとうございます。
感謝いたします。
Posted by 斉藤あゆみ at 2012年09月01日 00:50
斎藤さん
こんにちは。
お返事が大変遅れてしまい、申し訳ありません。

http://chingokokka.sblo.jp/article/51167272.html

大船渡市の小壁漁港ですね。
ここは津波浸水高が10mを超えていて決して低くはなかったはずですが、恵比寿像は全く無事でした。
しっかりした造りだったんでしょうね。
小壁漁港には今年の3月2日にも行っていまして、その時は雪景色でした。
後でアップしたいと思っています
Posted by 神宮 at 2012年09月04日 18:46
初めまして!私はこちらにコメントした斉藤あゆみの従弟です。
間違いなく森久吉は私共のひいお爺さんです。
私が聞いた話では、小壁地区に定置網の技術をひろめに言ったと聞いています。
この写真を拝見させて頂いたことで無事を確認でき、静岡県伊東市宇佐美の身内一同大変喜んでおり、安心しております。
本当にありがとうございます。
Posted by 森 久志 at 2012年10月19日 20:17
森さん
コメント、ありがとうございます。
なるほど、定置網の技術を広めるためですか。
見ていただけてうれしいので、今週末あたりに3月2日の様子もアップします。
Posted by 神宮(鈴木小太郎) at 2012年10月21日 23:46
今週末、と書いてしまいましたが、まだギリギリ日曜日ですね。
前半は少し慌ただしいので、次の土日あたりにアップします。
Posted by 神宮(鈴木小太郎) at 2012年10月21日 23:48
始めてコメント致します。さる10月29日木曜日に仙台中央タクシー語り部運転手の案内で70代友人と津波被災地見学の途中で貴神社まで上がらせて頂きました。3.11戸倉小学校、幼稚園の生徒さん達が命懸けで駆け上がって寒い一夜を貴社殿で夜を明かして助かったと聞きました。
われわれ一同ニュースなどで聞いたことはありますが、貴神社の神域を見て、深い感銘を受けました。8名は札幌、仙台、東京、小田原、ひたちなかから参りました。家屋等全壊の大災害にあいつつも貴神社に繋がった戸倉地区の人々のご多幸を願っております。校長先生の報告書を読み、亡くなられた方々は少なかったと聞いていますが、そのご冥福をお祈り致します。
Posted by 河村 日佐男 at 2015年11月16日 10:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。