2012年04月15日

春の大川小学校、午前9時45分

大川小学校の「裏山」を実際に歩いてみた結果、私としては亡くなった児童の父兄が『河北新報』2011年9月8日付記事で主張されている通り、体育館裏の杉林が避難場所として一番良かったと考えている。
自分なりの調査の最終確認として、この場所までどのくらいの時間で避難できたかを調べるために大川小学校に行ってみた。

前回の結論:「大川小学校の裏山再訪(その4)」
http://chingokokka.sblo.jp/article/54661115.html

2012_0415_094546-IMG_5001.JPG
大川小学校の手前の空き地に駐車して長面浦方向を見る。

2012_0415_094548-IMG_5002.JPG
少し右。
大川小学校。

2012_0415_094550-IMG_5003.JPG
更に右。
本当に何もなくなってしまった。

2012_0415_094556-IMG_5005.JPG
震災当日に児童が目指した北上大橋のたもと、地元の通称「三角地帯」を振り返る。

2012_0415_094636-IMG_5006.JPG

2012_0415_094753-IMG_5008.JPG
沢山の桜の造花と鯉のぼり。

2012_0415_094822-IMG_5014.JPG

2012_0415_094826-IMG_5015.JPG

2012_0415_094847-IMG_5017.JPG

2012_0415_094851-IMG_5018.JPG

2012_0415_095409-IMG_5023.JPG
「津波到達点」のプレートの下に移動。

2012_0415_095421-IMG_5024.JPG
「津波到達点」のプレートを見上げる。

2012_0415_095534-IMG_5025.JPG
プレートまではかなり大勢が登っていて踏み跡ができているので、2メートルほど離れたところを最初のコンクリートの平場まで登ってみた。
特に急ぐことなく、淡々と登って35秒かかった。
踏み跡をたどれば30秒ほどか。

2012_0415_095536-IMG_5026.JPG
コンクリートの平場から大川小学校の校舎を見る。

2012_0415_095543-IMG_5027.JPG
第一の平場から第二の平場を見上げる。
正確な角度は第一の平場までの斜面と同じなのかもしれないが、微妙に角度が増しているような感じがして、いささか圧迫感がある。

2012_0415_095809-IMG_5028.JPG
第一の平場の東端から体育館の裏の杉林に降りる。
亡くなった児童の父兄が、『河北新報』2011年9月8日付記事で、避難場所とすべきだったと主張されている場所。

2012_0415_095830-IMG_5029.JPG
点在する平べったい石は江戸時代の年号が入った古い墓石。
近くの墓地から津波で流出したと思われる。

2012_0415_095934-IMG_5034.JPG
校舎を見る。

2012_0415_095940-IMG_5035.JPG
この青いテープが巻かれた杉のあたりの高さが、コンクリートの平場とほぼ同じ。

2012_0415_095951-IMG_5036.JPG
青いテープの杉を出発点として、校舎前の慰霊碑まで大人の普通の速さで歩いてみたら、2分30秒ちょうどだった。
ついで同じルートを慰霊碑から青いテープの杉まで戻ってみたら、やはり2分30秒だった。
青いテープまで少し登りとなっているので、時間に若干の差が出るかと思ったが、今回は全く同じだった。

2012_0415_100320-IMG_5039.JPG
旅行会社のバスやタクシーに乗って、大勢の人が校舎前に来ては去って行く。

2012_0415_100744-IMG_5042.JPG

2012_0415_101035-IMG_5046.JPG

2012_0415_101040-IMG_5047.JPG

2012_0415_101104-IMG_5048.JPG
少し前、このタクシーの運転手さんが案内してきた客に、周囲の地形を指さしつつ震災当時の状況を説明していた。

2012_0415_101125-IMG_5049.JPG
posted by 神宮威一郎 at 09:45| Comment(0) | 大川小学校とその周辺
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。