2012年03月16日

南三陸町・戸倉神社(その2)、午後3時35分

【更新日:2013年12月12日】

2012_0316_153419-IMG_9797.JPG
「昭忠碑」は日露戦争の戦没者を、「忠魂碑」は太平洋戦争の戦没者を祀ったもの。

2012_0316_153426-IMG_9798.JPG
「波伝谷板碑群」前から鐘楼と社殿を見る。

2012_0316_153456-IMG_9800.JPG
中央、奥が椿島、手前が竹島。(要拡大)

2012_0316_153452-IMG_9799.JPG
少し左。

2012_0316_153623-IMG_9801.JPG
津波で変色した杉の木の下の坂道を通って海側に出る。

2012_0316_153635-IMG_9804.JPG
中央奥は波伝谷仮設住宅。(要拡大)

2012_0316_153647-IMG_9805.JPG

2012_0316_153725-IMG_9806.JPG
杉林の中の戸倉神社を見上げる。
神社が鎮座する小高い丘は標高37m。

2012_0316_153748-IMG_9807.JPG
小沼。

2012_0316_153810-IMG_9808.JPG
中央の船と右の椿島のちょうど中間あたり、焼け焦げた立木が小さく見えている。
まるで観音像のようだと地元でも評判になっているという。(要拡大)

2012_0316_153838-IMG_9809.JPG

2012_0316_153859-IMG_9810.JPG
国道398号線、神割崎方面。

2012_0316_153901-IMG_9811.JPG
少し左。

2012_0316_154035-IMG_9812.JPG
国道398号線を志津川方面に少し進んだ地点から戸倉神社を見上げる。
神社の西側斜面は津波で大きく抉られている。

2012_0316_154037-IMG_9813.JPG
少し右。

2012_0316_154145-IMG_9814.JPG
国道398号線を挟んで戸倉神社と反対側に大きな恵比寿・大黒像が見えたので、近づいてみた。

2012_0316_154203-IMG_9815.JPG
恵比寿像。

2012_0316_154210-IMG_9816.JPG
大黒像。

2012_0316_154307-IMG_9823.JPG
恵比寿・大黒像の背中と戸倉神社。
特に宗教的な施設の跡とも思えなかったが、個人宅にしてはずいぶん立派な石像。

2012_0316_154459-IMG_9828.JPG
明神沼。
戸倉神社の社伝によれば、登米市津山町横山の横山不動尊が百済から船に乗って漂着した時、ここで船が裂けて沈んだという。
posted by 神宮威一郎 at 15:35| Comment(0) | 南三陸町
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。