2012年03月16日

南三陸町・戸倉小学校(その1)、午後2時30分

【追記:2012年7月11日】
大川小学校の問題を検討する上で、戸倉小学校は比較対象として最も重要な事例と考える。
雄勝小学校や相川小学校の場合、裏山の傾斜は大川小学校の「裏山」より急であったが、逃げる場所はそこしかなかった。
逃げる必要があると判断した時点で、逃げる場所は自動的に決定された。
しかし、戸倉小学校の場合、三階建ての校舎に屋上があり、所定のマニュアルでも屋上に避難することになっていたので、屋上に行きさえすれば、結果的に児童全員が死亡したとしても教員の責任の問題は生じなかったと思われる。
それにもかかわらず、移動距離の長い別の避難場所を選択した判断がなされたことは非常に重要であり、複数の選択肢が存在した大川小学校の問題を考える上で最も参考になる。

---------
原口・岩松『東日本大震災津波詳細地図上巻』を見ると、南三陸町の防災庁舎の津波浸水高が14.16メートルで、志津川町中心部の津波浸水高は概ね14~16メートル程度であるが、戸倉小学校周辺は20メートルを超えている。
『河北新報』2011年05月11日付の下記記事によれば、戸倉小学校の在校児童は「宇津野高台」の神社(記事には神社名がないが、五十鈴神社)へ逃げて無事だったとのことであるが、「宇津野高台」の津波浸水高は20.71メートルで、神社周辺の本当にごく僅かな部分だけが津波を免れた。

----------
とっさの判断高台へ 在校児童ら犠牲逃れる 南三陸

 10日に始業式を迎えた宮城県南三陸町の戸倉小は震災発生時、校舎屋上まで津波に襲われながらも、学校にいた児童全員が無事だった。同校は最も早い場合には3分で津波が到達するとされた宮城県沖地震を想定し、校舎屋上への避難を検討していたが、教職員のとっさの判断で高台への避難を選択し、難を逃れた。隣接の戸倉保育所も戸倉小屋上への避難をマニュアル化していたが同様に高台に避難し、多くの園児が救われた。
 「非常に強い地震。確実に津波が来る」。戸倉小では地震直後、麻生川敦校長(53)ら職員が、学校にいた児童91人に約200メートル離れた「宇津野高台」への避難を指示し、全員で走って逃げた。
 3階建ての校舎は簡単に津波にのみ込まれ、屋上の給水塔まで水没。津波は高台まで迫り、児童らはさらに高い神社へと移動しなければならなくなった。
 麻生川校長によると、同校は津波到達までの時間が最悪3分とされた宮城県沖地震を想定し、マニュアルで定めていた避難先を高台から校舎屋上に変更できないか、検討中だった。高台までは国道398号を横断しなければならず、大人の脚でも5分以上はかかるからだ。
 これまでの職員の話し合いでは、1960年のチリ地震津波を経験した職員らが高台への避難を主張。結論は出ず、専門家に意見を求めようということになっていた。
 麻生川校長は「学校は津波が確実に来る場所にあった。津波経験がある職員の声を聞いた話し合いが、結果的に生死を分けた」と話した。
 一方、園児のお昼寝中に地震に見舞われた戸倉保育所。マニュアルでは戸倉小の屋上へ一時避難し、落ち着いたら高台へ逃げる手順だった。
 しかし、佐藤盛子所長(57)らは建物被害が大きく、戸倉小校舎も危険と判断し、高台への避難を決断。21人の園児は毛布などを持って逃げ、戸倉小の児童より早く高台への避難を完了した。
 園児らが持って逃げた毛布などは、高台にある神社で一夜を過ごした際にも役立ったという。
 震災と津波で戸倉小では帰宅していた児童1人が死亡。戸倉保育所では園児1人が行方不明となった。
http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1062/20110511_01.htm

2012_0316_143050-IMG_9622.JPG

2012_0316_143137-IMG_9623.JPG

体育館は震災直前に完成し、2011年3月1日に、「引継ぎ式」が行われたばかりだったという。
南三陸町ホームページには次の記事がある。
--------
戸倉小学校の体育館が完成
3月1日(火)、昨年の6月から工事が進められていた戸倉小学校の体育館が完成し、「引継ぎ式」が新体育館で行われました。
引継ぎ式には、町や学校関係者のほか、戸倉小学校の全校児童が参加し、待ちに待った新しい体育館の落成を祝いました。
初めに、町長から教育委員長に体育館の引継ぎ書が交付されたあと、麻生川校長先生に鍵が手渡され、児童代表と一緒にテープカットが行われました。
引継ぎ式が終わり体育館が開放されと、子どもたちは、アリの子を散らすように体育館のなかを走り回り、新しい体育館の完成を喜んでいました。
http://www.town.minamisanriku.miyagi.jp/modules/photos/photo.php?lid=470

2012_0316_143149-IMG_9624.JPG

2012_0316_143217-IMG_9626.JPG

2012_0316_143221-IMG_9627.JPG

2012_0316_143234-IMG_9628.JPG

2012_0316_143253-IMG_9629.JPG

2012_0316_143326-IMG_9630.JPG

2012_0316_143350-IMG_9631.JPG

2012_0316_143400-IMG_9632.JPG

2012_0316_143418-IMG_9633.JPG

2012_0316_143424-IMG_9634.JPG

2012_0316_143504-IMG_9636.JPG

「戸倉小学校校歌
    山本正  作詞
    海鉾義美 作曲

一 かもめ群れ跳ぶ 青い海
  たぶの木しげる  椿島
  出船 入船 たえまなく
  海山の幸 ゆたかなる
  戸倉の里を 学び舎に
二 流れも清く 折立の
  川原にかおる 若草の
  学びの道の 行き帰り
  手をたずさえて すこやかに
  伸びゆく命 光あり

三 太平洋の海の気を
  すうてそびえる 翁倉
  夢ゆたかなる 海や山
  学ぶ六年の 春秋に
  輝くゆく手 栄えあれ

平成九年度 卒業記念共同制作」

2012_0316_143514-IMG_9637.JPG

2012_0316_143531-IMG_9638.JPG

2012_0316_143534-IMG_9639.JPG

2012_0316_143607-IMG_9640.JPG
卒業生らしい二人組。

2012_0316_143708-IMG_9641.JPG
二階に上ってみる。

2012_0316_143715-IMG_9642.JPG
「宇津野高台」を見る。
中央に五十鈴神社の赤い鳥居が見える。(要拡大)

2012_0316_143727-IMG_9643.JPG

2012_0316_143733-IMG_9644.JPG

2012_0316_143737-IMG_9645.JPG

posted by 神宮威一郎 at 14:30| Comment(0) | 南三陸町
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。