2012年01月09日

歌津・ウタちゃん橋周辺、午後3時30分

ウタちゃんについては、以下に2012年1月11日現在のウィキペディアを引用。
「ウタちゃんは宮城県本吉郡歌津町(現・南三陸町)の伊里前川に2002年9月19日から3日間いたワモンアザラシの子供。
 2002年9月19日、伊里前川の河岸で体長60〜70cmで白い体毛をした子供のアザラシが昼寝しているのが発見された。ワモンアザラシが本州にやってくることは珍しく、同年8月に多摩川にあらわれ多数の見物人を集めたアゴヒゲアザラシのタマちゃんと同様に全国で話題となった。アザラシは町名から「ウタちゃん」と名づけられた。ウタちゃんは21日朝に海へ戻って行ったきり姿を消した。
 ウタちゃんが歌津に滞在したのはほんの3日間だけであったが経済効果を求める町は「ウタちゃんプロジェクトチーム」を発足した。商工会や観光協会も協力してアザラシに関するシンポジウム開催の計画、「歌津のウタちゃん」の商標登録、伊里前川にかかる汐見橋を「ウタちゃん橋」に改名するなどを行った。翌年、町観光協会の発表によるウタちゃんによる観光効果は年間観光客入れ込み数1万人増、町長によればテレビ中継や雑誌・新聞報道による宣伝効果は間接的だろうが、数千万円に及ぶという。
 人形メーカー 真多呂人形の作る2002年の世相を反映した「変わりびな」のうちの1対に「タマちゃんウタちゃんびな」が登場した。ウタちゃんの性別は不詳だが、名前の響きからウタちゃんが雌雛になっており、リボンが付いている。」

2012_0109_152957-IMG_1465.JPG
ウタちゃん橋遠景。原口・岩松著『東日本大震災津波詳細地図』(上)によると、撮影地点近辺の津波浸水高は16.06メートル。

2012_0109_153056-IMG_1469.JPG
国道45号線の旧道。奥に見えるのは三嶋神社の鳥居。

2012_0109_153112-IMG_1471.JPG
自動販売機の後ろにJR気仙沼線歌津駅。

2012_0109_153140-IMG_1472.JPG
ウタちゃん橋に近づく。

2012_0109_153202-IMG_1473.JPG
正面奥に2011年12月13日にオープンした「伊里前福幸商店街」。

2012_0109_153207-IMG_1474.JPG
ウタちゃん橋を歩く。奥は国道45号線の新道。左に歌津大橋。

2012_0109_153252-IMG_1475.JPG
神社跡か。

2012_0109_153303-IMG_1476.JPG

2012_0109_153318-IMG_1477.JPG
「湯殿山」。

2012_0109_153345-IMG_1479.JPG
「太神宮」。

2012_0109_153406-IMG_1482.JPG
「ウタちゃんの来た伊里前川 歌津町立歌津中学校」。真ん中のウタちゃんが掲げているのは歌津中学校の校旗。「伊里前福幸商店街」の奥の高台には伊里前小学校と、同校の校庭に設置された仮設住宅が見える。(要拡大)

2012_0109_153412-IMG_1483.JPG
右、歌津大橋。

2012_0109_153426-IMG_1484.JPG
神社跡を振り返る。

2012_0109_153452-IMG_1485.JPG
国道45号線下のトンネルを潜り抜け、海側に出る。

2012_0109_153520-IMG_1486.JPG
津波で東側が崩落した歌津大橋。復旧工事中。

2012_0109_153552-IMG_1489.JPG
巨大な鉄の構造物。崩壊した水門のゲート部か。

2012_0109_153553-IMG_1490.JPG

2012_0109_153639-IMG_1491.JPG

2012_0109_153655-IMG_1493.JPG

2012_0109_153710-IMG_1494.JPG
奥は手すりの柵が横倒しになっている。

2012_0109_153751-IMG_1499.JPG
対岸には渡れるが、無理をせずに引き返す。

2012_0109_153825-IMG_1500.JPG
津波が作った前衛芸術。

2012_0109_153835-IMG_1501.JPG
下から覗き込んでみる。

2012_0109_153857-IMG_1503.JPG

2012_0109_153924-IMG_1504.JPG
posted by 神宮威一郎 at 15:30| Comment(0) | 南三陸町
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。