2013年09月27日

千年希望の丘(その1)、午前11時40分

【投稿日:2013年10月2日】

2013_0927_113943-IMG_1413.JPG
「千年希望の丘」

岩沼市サイト内に「千年希望の丘」の説明がある。
http://www.city.iwanuma.miyagi.jp/kakuka/040700/sennnennkibounooka.html

石川幹子氏(岩沼市出身、岩沼市震災復興会議議長、中央大学理工学部教授・東京大学名誉教授)のランドスケープに関する理念が反映されている。
http://scienceportal.jp/HotTopics/interview/interview71/index.html
http://www.cao.go.jp/midorisho/gakujutsusho/tokuhon_ishikawa.html

2013_0927_114129-IMG_1417.JPG
「千年希望の丘(第1号)完成
   平成25年6月9日 メモリアル樹望(きぼう)式
   〜希望を込めて植樹を行い 丘を完成させる祭典〜
  この千年希望の丘は、国内外の企業や団体、個人からの応援寄付金を活用して整備しております。
「いのちを守る森の防潮堤」推進東北協議会・公益財団法人瓦礫を活かす森の長城プロジェクトの支援を受け、また、宮脇昭氏(植物生態学者)の指導の下、多くの方々に参加を頂き3万本の植樹を行い、この地に第1号の千年希望の丘が完成いたしました。
 復興のシンボルとして震災の教訓を伝えられるよう、今後もご支援ご協力をお願いします。
  岩沼市」

2013_0927_114922-IMG_1464.JPG

2013_0927_114215-IMG_1418.JPG

2013_0927_114250-IMG_1419.JPG
「完成記念碑 二〇一三年六月九日
 千年希望の丘(第一号)」

2013_0927_114302-IMG_1421.JPG
「千年希望の丘“第1号”完成記念
 東日本大震災の記憶や教訓を未来へ引き継ぐメモリアル「千年希望の丘」は、千年先まで岩沼市が持続可能なまちであってほしい、千年後の命も守りたい、そのような思いで整備を進めています。
 丘には災害廃棄物を再生活用し、津波の力の減衰、避難場所の確保、そして鎮魂など多くの意味が込められています。
 このたび、国内外から多くの皆様に寄付や支援をいただき、未来への希望を託した植樹によって第1号の丘が完成しました。復興のシンボルである「千年希望の丘」が、人類の知恵の遺産、そして子ども達の希望となることを期待します。
  2013年6月9日
  岩沼市長 井口経明」

2013_0927_114331-IMG_1422.JPG
北東方向。

2013_0927_114332-IMG_1423.JPG

2013_0927_114334-IMG_1424.JPG

2013_0927_114344-IMG_1427.JPG

2013_0927_114540-IMG_1456.JPG
砂が描いた模様。
奥は金華山。

2013_0927_114552-IMG_1457.JPG

2013_0927_114356-IMG_1430.JPG

2013_0927_114400-IMG_1431.JPG

2013_0927_114418-IMG_1436.JPG
西方向。
仙台空港。

2013_0927_114516-IMG_1451.JPG
奥に白衣の仙台観音。(要拡大)

2013_0927_114514-IMG_1450.JPG
管制塔。

2013_0927_114434-IMG_1440.JPG

2013_0927_114439-IMG_1441.JPG
少し左。

2013_0927_114457-IMG_1446.JPG

2013_0927_114442-IMG_1442.JPG
南方向。

2013_0927_114454-IMG_1445.JPG

2013_0927_114803-IMG_1462.JPG
飛行機が近づく。

2013_0927_114812-IMG_1463.JPG
着陸体勢のエアドゥ機。
posted by 神宮威一郎 at 11:40| Comment(0) | 岩沼市