2012年02月25日

更新情報

八沢浦排水樋門 投稿者:鈴木小太郎 投稿日:2012年 2月25日(土)19時59分56秒

2011年12月7日に訪問した「八沢浦排水樋門」(その1)(その2)をアップしました。

http://chingokokka.sblo.jp/article/54133765.html
http://chingokokka.sblo.jp/article/54153970.html

ブログの方にも書いておきましたが、八沢浦の津波被害については、「農業農村工学会災害対応特別委員会東北関東大震災特別委員会(山形大学チーム)」の以下の二つの資料が役立ちますね。

「東日本大震災における農地・農業用施設の被害─福島県浜通り地方─」
http://www.tr.yamagata-u.ac.jp/~okutake/poster.pdf
「東日本大震災現地調査報告(速報-2)平成23年5月2日」
http://www.jsidre.or.jp/newinfo/touhokujishin/yamagata.pdf

河口には次のような碑がありました。

「明治三十九年十二月岐阜県出身山田貞策氏八沢浦干拓に着手
同四十四年岸壁海口に手動式樋門八基を据付け太平洋相手の自然的悪条件を克服し三百町の美田を造成せり
その後海口閘門は年々の改修にも拘らず老朽その極に達し機能を充分に発揮し得ざるに至る
昭和二十九年三月八沢干拓土地改良区創立同時に県営かんがい排水事業として一億余の巨費をもって海口閘門六百粍及千二百粍ポンプの改修並びに新設工事に着手
本海口閘門は大豊式ケーソン工法により昭和三十五年三月竣工せり
  昭和三十五年九月十四日
    八沢干拓土地改良区
    施工 大豊建設株式会社」

大豊建設株式会社のサイトを見ると、

-------------
1957年(昭和32年)に築島方式に代わる工法として、わが国で初めて福島県の八沢浦海口閘門に鋼殻ケーソン(当時は「浮沓」と称した。)を採用しました。 締切り・築島が不要となり、経済的で河川断面阻害率を低減できます。
http://www.daiho.co.jp/tech/nk1/technology.html

とありますね。
posted by 神宮威一郎 at 19:59| Comment(0) | 更新情報