2012年02月13日

八戸市・蕪島神社、午前10時15分

【更新日:2013年8月8日】

2011年8月4日に参詣したときの様子はこちら。

八戸市・蕪島神社(その1)(その2)
http://chingokokka.sblo.jp/article/54059530.html
http://chingokokka.sblo.jp/article/54061342.html

2012_0213_101332-IMG_4323.JPG

2012_0213_101355-IMG_4324.JPG

2012_0213_101403-IMG_4325.JPG
「 八戸小唄
 唄に夜明けた
    かもめの港
 船は出てゆく
    南へ北へ
 鮫のみさきは
    潮けむり
  法師浜桃白書」
法師浜桃白(ほしはま・おうはく、1900〜1979)については、「青森県近代文学館」のサイトに解説がある。
http://www.plib.pref.aomori.lg.jp/top/museum/sakka/SAKKA50_KAI/%E6%B3%95%E5%B8%AB%E6%B5%9C%E6%A1%9C%E7%99%BDKAI01.HTML

2012_0213_101412-IMG_4326.JPG
「国指定文化財
  天然記念物 蕪島ウミネコ繁殖地(大正11年3月8日指定)
 ウミネコは東アジアの沿岸を生息地とするカモメ科の海鳥で、この蕪島には繁殖を目的として2月下旬に着島し、4月下旬から産卵が始まり、約1か月間でふ化します。7月下旬に島を飛びたって行きますが、近年はこの蕪島に越冬するウミネコも見られます。繁殖期間には、島はウミネコの別天地となり、その数は4万羽くらいと言われています。
 ウミネコの繁殖地は、離島など人里離れたところが多く、蕪島のように市街地にあるのは非常に珍しいものです。また、ウミネコが魚群の所在をしめしてくれることから、ここの蕪島神社にまつっている弁財天の使いとして漁師たちに大切にされてきました。いわば水産八戸のシンボルでもあります。
    昭和62年10月 八戸市教育委員会」

2012_0213_101446-IMG_4327.JPG
「全国で話題の「かぶあがりひょうたん御守」頒布しております。
諸々の評価が上がり商売繁盛・金運・仕事運・人気運などを始め蓄財・無病息災・繋がり・子孫繁栄などをあらわしています。」

2012_0213_101500-IMG_4328.JPG

2012_0213_101512-IMG_4330.JPG
「海防艦稲木之碑
 昭和二十年八月九日八戸港内に仮泊中の海防艦稲木は来襲せる米三十八機動部隊の艦載機群と交戦勇戦敢闘遂に沈没す
 爾来三十八年当時の乗組員並びにその父母二世及び関係者相図り記念碑を建立して物故者の霊を追悼しあわせて世界の恒久平和を祈念するものである
  昭和五十八年八月七日」
海上自衛隊八戸航空基地ホームページの「海防艦「稲木」(いなき)の展示披露」によれば、3時間の戦闘で山田艦長以下戦死者29名、重軽傷者83名が出たとのこと。
http://www.mod.go.jp/msdf/hatinohe/news/news/21515.htm
また、総務省一般戦災ホームページには八戸市における戦災の状況の概要が述べられている。
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/daijinkanbou/sensai/situation/state/tohoku_01.html

2012_0213_101528-IMG_4331.JPG

2012_0213_101531-IMG_4332.JPG

2012_0213_101533-IMG_4333.JPG

2012_0213_101639-IMG_4336.JPG

2012_0213_101651-IMG_4337.JPG

2012_0213_101730-IMG_4339.JPG
「大神の み使いかこれ うみねこの 姿のあまり うつくしければ」

2010年に建立された柳原白蓮の歌碑とのこと。
参考:「まことの一日」
http://blogs.yahoo.co.jp/makoto_mayor_2009/archive/2010/5/19

2012_0213_101834-IMG_4342.JPG

2012_0213_101836-IMG_4343.JPG

2012_0213_101907-IMG_4345.JPG

2012_0213_102013-IMG_4347.JPG

2012_0213_102020-IMG_4348.JPG

2012_0213_102108-IMG_4350.JPG

2012_0213_102200-IMG_4351.JPG

2012_0213_102218-IMG_4352.JPG

2012_0213_102251-IMG_4353.JPG

2012_0213_102254-IMG_4354.JPG

2012_0213_102258-IMG_4355.JPG

2012_0213_102351-IMG_4358.JPG

2012_0213_102408-IMG_4360.JPG

2012_0213_102429-IMG_4361.JPG

2012_0213_102435-IMG_4362.JPG

posted by 神宮威一郎 at 10:15| Comment(0) | 八戸市

八戸市・八戸港白銀埠頭、午前10時

2012_0213_100450-IMG_4312.JPG
北方向。
「この先海!!」
「一般車両は危険ですから岸壁等に乗り入れないで下さい。八戸港管理所」

2012_0213_100459-IMG_4314.JPG
同じ位置から、左側、西方向。

「災害復旧工事中
 八戸港白銀B岸壁 港湾災害復旧工事
 主な工事内容 岸壁工 L=12.8m
 区間 青森県八戸市大字白銀地内
 期間 平成23年8月31日〜平成24年3月25日
 施行 中央建設有限会社
 請負額 910万円
 三八地域県民局地域整備部
 八戸港管理所」

三八地域とは「青森県の南東に位置し、八戸市及び三戸郡5町1村(三戸町・五戸町・田子町・南部町・階上町・新郷村)からなる面積1,275km2の地域」。
http://www.pref.aomori.lg.jp/kotsu/build/hachido_gaiyou.html

2012_0213_100457-IMG_4313.JPG
反対側、南方向。

2012_0213_100518-IMG_4316.JPG

2012_0213_100602-IMG_4319.JPG
東方向、住友金属工業の子会社である住金鉱業の専用埠頭がある。(要拡大)
住金鉱業の八戸石灰鉱山(通称「八戸キャニオン」)から採掘される石灰石の一部が、長さ約10キロメートルの地下ベルトコンベアーで八戸魚港の住金鉱業専用埠頭まで運ばれ、更に国内最大級の石灰石専用船で茨城県鹿島の住友金属工業鹿島製鉄所まで運搬されるという。
参考:「楠美清の素材探究」
http://www.reafa.com/kikaku/sozai_03.html

2012_0213_100635-IMG_4322.JPG
「船の碑(いしぶみ)
 戦後の八戸港は三菱の一万トン級タンカーを海に沈めて造った沈船防波堤によってたくましく甦った 日本で最初のこの画期的な大工事により八戸はやがて発展の一途をたどりこんにちの繁栄につながっていくのである そして赤錆びて腐食する沈船防波堤は三十七年間の輝かしい使命を終えて新しい未来のなかへ消えていった 当時すべてがないないづくしの敗戦後の混乱期のなかで百年の大計を胸に秘めてこのユニークな事業を強行したのは夏堀悌二郎市長ら多くの先人たちであった ここにあらためて先人たちの偉業を偲びつつ八戸のさらに大いなる発展を祈念して碑を建てるものである
            夏堀正元 記
昭和六十一年三月二十五日
      青森県知事 北村正哉
      八戸市長 秋山皐二郎
      八戸港沈船防波堤記念碑建立
      協賛会長 佐々木隆蔵」

作家の夏堀正元氏は夏堀悌二郎元市長の息子とのこと。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%8F%E5%A0%80%E6%AD%A3%E5%85%83
posted by 神宮威一郎 at 10:00| Comment(0) | 八戸市

2012年02月03日

更新情報

石巻市蛤浜 投稿者:鈴木小太郎 投稿日:2012年 2月 3日(金)22時55分18秒

久しぶりの更新は石巻市の蛤浜です。
宮城県では漁港の大幅な再編が予定されていますが、零細な蛤浜漁港は廃止が確実となっています。
昨年9月7日に訪問したのですが、地元の気さくなおばさんといろいろ話すことができて、個人的には非常に印象深い港ですね。

http://chingokokka.sblo.jp/article/53430234.html


posted by 神宮威一郎 at 22:55| Comment(0) | 更新情報