2012年02月26日

山田神社遷座祭・復興祈願祭(その1)、午前9時30分

【投稿日2012年2月27日】
『福島民報』にて下記記事を見たので、磯ノ上公園を訪問してみた。
--------------
津波で流失、山田神社に仮社殿 球磨工高(熊本)贈る

 津波で流失した相馬市蒲庭の山田神社に、熊本県人吉市の球磨工高が仮社殿を贈る。国内唯一の宮大工養成コースの生徒が10年以上前に製作、学校の顔として玄関に飾っていた作品。26日、高台の南相馬市鹿島区北海老の磯ノ上公園に遷座する。
 神社は、南相馬、相馬両市にまたがる約350ヘクタールの八沢浦干拓事業の功労者山田貞策氏をたたえて昭和16年に建立された。農業の神大年神を祭り、豊作を祈願する地区民の心のよりどころだった。大津波が干拓地を襲い、神社は土台を残して流失した。地区の住民40人が犠牲になった。
 南相馬市でボランティア活動をしていた熊本県苓北町にある志岐八幡宮宮司の宮崎国忠さん(66)が、山田神社の神職森幸彦さん(53)と知り合ったのがきっかけ。宮崎さんは同県人吉市にある青井阿蘇神社の福川義文宮司と協力、球磨工高に寄贈を働き掛け、山田史郎校長が快諾した。
 仮社殿は高さ、幅とも2メートル。ひのき造り銅板ぶきで、細かい装飾が施されている。伝統建築専攻科の生徒が屋根を磨き、鳥居も製作した。年末年始は仮社殿を青井阿蘇神社に安置し、参拝者から搬送費用の寄付を仰いだ。
 26日は磯ノ上公園で、早朝から生徒らが設置作業を行う。午前9時半から森さんが斎主、宮崎さんが副斎主を務め、遷座祭と復興祈願祭を執り行う。
 森さんは「高校生の若いエネルギーがこもった社殿は、みんなの心に希望の灯をともしてくれる」と話している。
(2012/02/23 09:55)
http://www.minpo.jp/view.php?pageId=4107&blockId=9938226&newsMode=article

仮社殿設置の経緯はfacebookの「相馬市蒲庭字孫目鎮座 山田神社 仮社殿設置について」(「国宝 青井阿蘇神社」作成)に詳しい。
http://www.facebook.com/note.php?note_id=233675446727043

2012_0226_092805-IMG_5609.JPG
「人吉市 青井運送」

2012_0226_092825-IMG_5610.JPG

2012_0226_092925-IMG_5612.JPG
県道74号線(原町海老相馬線)。

2012_0226_092956-IMG_5613.JPG
「磯ノ上公園」の2011年11月3日時点の様子はこちら。
http://chingokokka.sblo.jp/article/54130078.html

2012_0226_093008-IMG_5614.JPG
遷座祭は午前9時半分開始とのことであったが、まだ準備中だった。前日、相馬地方の沿岸部としては珍しく大量の降雪があり、当日は晴れたが、地面はぬかるんでいる。熊本県立球磨工業高校の生徒は午前6時半から設置作業を行っていたという。

2012_0226_093021-IMG_5615.JPG

2012_0226_093024-IMG_5616.JPG

2012_0226_093044-IMG_5617.JPG

2012_0226_093057-IMG_5618.JPG

2012_0226_093100-IMG_5619.JPG

2012_0226_093112-IMG_5620.JPG
左の大きいのが「八沢干拓開墾成功記念碑」で、右は「記功碑寄附金芳名録」。右の碑は津波で倒された。

2012_0226_093123-IMG_5621.JPG
北側に用水池と堤がある。「磯ノ上公園」はもともと山田貞策の居宅のあった場所とのこと。

2012_0226_093127-IMG_5622.JPG
「南柚木公民館」

2012_0226_093142-IMG_5623.JPG

2012_0226_093150-IMG_5624.JPG

2012_0226_093236-IMG_5627.JPG

2012_0226_093244-IMG_5628.JPG

2012_0226_093301-IMG_5630.JPG
球磨工業高校伝統建築専攻科の女生徒。

2012_0226_093351-IMG_5633.JPG

2012_0226_093358-IMG_5634.JPG

2012_0226_093407-IMG_5635.JPG

2012_0226_093420-IMG_5636.JPG

2012_0226_093453-IMG_5637.JPG

2012_0226_093526-IMG_5639.JPG

2012_0226_093550-IMG_5640.JPG

2012_0226_093311-IMG_5632.JPG
東側(海側)の磯ノ上稲荷神社のある高台を見る。
posted by 神宮威一郎 at 09:30| Comment(0) | 南相馬市鹿島区

2012年2月の南海老・竹駒稲荷神社、午前9時20分

【投稿日:2012年2月27日】
【更新日:2013年3月30日】

「2011年11月の南海老・竹駒稲荷神社」
http://chingokokka.sblo.jp/article/64188935.html
「2011年12月の南海老・竹駒稲荷神社」
http://chingokokka.sblo.jp/article/51669155.html
「2012年6月の南海老・竹駒稲荷神社」
http://chingokokka.sblo.jp/article/64243550.html


2月26日に行われた山田神社の遷座祭・復興祈願祭に伺うため南相馬市を訪問。
竹駒稲荷神社に近づくと一面雪に覆われた集落跡の先、防波堤の隙間から波が輝くのが見えた。
式典の開始時刻が近づいており、竹駒稲荷神社に寄るべきか迷ったが、天気が不安定そうだったので先に写真を撮っておくことにした。
海岸間近の金砂神社には遷座祭・復興祈願祭終了後に参詣したが、その時には雪に変わっていた。

2012_0226_092115-IMG_5597.JPG
神社は海側、東方向を向いている。

2012_0226_092134-IMG_5601.JPG

2012_0226_092121-IMG_5598.JPG
東方向。
左端の木の先に金砂神社がある。
防波堤の隙間から白く輝く波が見える。(要拡大)

2012_0226_092122-IMG_5599.JPG
南方向。
原町火力発電所の煙突が薄く見える。(要拡大)

2012_0226_092140-IMG_5602.JPG

2012_0226_092149-IMG_5603.JPG

2012_0226_092156-IMG_5604.JPG

2012_0226_092157-IMG_5605.JPG

posted by 神宮威一郎 at 09:20| Comment(0) | 南相馬市鹿島区

2012年02月25日

更新情報

八沢浦排水樋門 投稿者:鈴木小太郎 投稿日:2012年 2月25日(土)19時59分56秒

2011年12月7日に訪問した「八沢浦排水樋門」(その1)(その2)をアップしました。

http://chingokokka.sblo.jp/article/54133765.html
http://chingokokka.sblo.jp/article/54153970.html

ブログの方にも書いておきましたが、八沢浦の津波被害については、「農業農村工学会災害対応特別委員会東北関東大震災特別委員会(山形大学チーム)」の以下の二つの資料が役立ちますね。

「東日本大震災における農地・農業用施設の被害─福島県浜通り地方─」
http://www.tr.yamagata-u.ac.jp/~okutake/poster.pdf
「東日本大震災現地調査報告(速報-2)平成23年5月2日」
http://www.jsidre.or.jp/newinfo/touhokujishin/yamagata.pdf

河口には次のような碑がありました。

「明治三十九年十二月岐阜県出身山田貞策氏八沢浦干拓に着手
同四十四年岸壁海口に手動式樋門八基を据付け太平洋相手の自然的悪条件を克服し三百町の美田を造成せり
その後海口閘門は年々の改修にも拘らず老朽その極に達し機能を充分に発揮し得ざるに至る
昭和二十九年三月八沢干拓土地改良区創立同時に県営かんがい排水事業として一億余の巨費をもって海口閘門六百粍及千二百粍ポンプの改修並びに新設工事に着手
本海口閘門は大豊式ケーソン工法により昭和三十五年三月竣工せり
  昭和三十五年九月十四日
    八沢干拓土地改良区
    施工 大豊建設株式会社」

大豊建設株式会社のサイトを見ると、

-------------
1957年(昭和32年)に築島方式に代わる工法として、わが国で初めて福島県の八沢浦海口閘門に鋼殻ケーソン(当時は「浮沓」と称した。)を採用しました。 締切り・築島が不要となり、経済的で河川断面阻害率を低減できます。
http://www.daiho.co.jp/tech/nk1/technology.html

とありますね。
posted by 神宮威一郎 at 19:59| Comment(0) | 更新情報

2012年02月23日

更新情報

八沢浦干拓地 投稿者:鈴木小太郎 投稿日:2012年 2月23日(木)23時04分48秒

先日訪問した八戸市から久慈市の間の漁港をアップするつもりでしたが、山田神社に関する下記新聞記事の参考として、先に八沢浦干拓地関係のファイルをいくつかアップしておきます。
なお、「八沢」は「やさわ」と読みます。

「八沢排水機場・山田神社」(その1)(その2)
http://chingokokka.sblo.jp/article/54125133.html
http://chingokokka.sblo.jp/article/54125649.html

「磯ノ上公園」
http://chingokokka.sblo.jp/article/54130078.html

「磯ノ上稲荷神社」
http://chingokokka.sblo.jp/article/54130975.html

--------------
津波で流失、山田神社に仮社殿 球磨工高(熊本)贈る

 津波で流失した相馬市蒲庭の山田神社に、熊本県人吉市の球磨工高が仮社殿を贈る。国内唯一の宮大工養成コースの生徒が10年以上前に製作、学校の顔として玄関に飾っていた作品。26日、高台の南相馬市鹿島区北海老の磯ノ上公園に遷座する。
 神社は、南相馬、相馬両市にまたがる約350ヘクタールの八沢浦干拓事業の功労者山田貞策氏をたたえて昭和16年に建立された。農業の神大年神を祭り、豊作を祈願する地区民の心のよりどころだった。大津波が干拓地を襲い、神社は土台を残して流失した。地区の住民40人が犠牲になった。
 南相馬市でボランティア活動をしていた熊本県苓北町にある志岐八幡宮宮司の宮崎国忠さん(66)が、山田神社の神職森幸彦さん(53)と知り合ったのがきっかけ。宮崎さんは同県人吉市にある青井阿蘇神社の福川義文宮司と協力、球磨工高に寄贈を働き掛け、山田史郎校長が快諾した。
 仮社殿は高さ、幅とも2メートル。ひのき造り銅板ぶきで、細かい装飾が施されている。伝統建築専攻科の生徒が屋根を磨き、鳥居も製作した。年末年始は仮社殿を青井阿蘇神社に安置し、参拝者から搬送費用の寄付を仰いだ。
 26日は磯ノ上公園で、早朝から生徒らが設置作業を行う。午前9時半から森さんが斎主、宮崎さんが副斎主を務め、遷座祭と復興祈願祭を執り行う。
 森さんは「高校生の若いエネルギーがこもった社殿は、みんなの心に希望の灯をともしてくれる」と話している。
(2012/02/23 09:55)
http://www.minpo.jp/view.php?pageId=4107&blockId=9938226&newsMode=article

この記事に出てくる「磯ノ上公園」の周辺はこんな感じです。
http://chingokokka.sblo.jp/article/51675182.html


posted by 神宮威一郎 at 23:10| Comment(0) | 更新情報

2012年02月13日

葦毛崎展望台・大須賀海岸、午前11時15分

蕪島神社から「うみねこライン」(八戸階上線)を東に2キロメートルほど進んだところに葦毛崎展望台がある。

2012_0213_111332-IMG_4367.JPG
「カフェテラス ホロンバイル」。
珍しい名前なので検索してみたところ、青森県では有名なアイスクリーム店らしい。
「キョンの田舎日記」というブログには店内に掲示されている「ホロンバイル 名前の由来」を撮った写真が載っているが、それによると、「ホロンバイルとは、中国東北部(昔、満州と云った時がありました)と、モンゴルの国境で、ハルハ河の流域にある地名です。モンゴル語で、広大な、ひろびろとした、という意味です。広い広い大草原が続き、行っても行っても地平線が伸びています。冬はきびしい寒さの淋しい国境地帯でも、夏が来れば大草原に花が咲き乱れ、満州に沢山やって来た日本人達は馬の上から眺める物悲しい夕陽の地平線に、凍てつく冴えた夜空の星に望郷の想いをつのらせたと云います。青い海のある鮫の岬とは全く違ったところではありますが、大海原と野の花、馬、星、何かを想わせる、共通するロマンがあるような気がして名付けました。今でも、ホロンバイルの名が懐かしいと立寄って下さるお客様もいらっしゃいます。そのようなホロンバイルのやさしい自然の中で、どうぞゆったりおくつろぎ下さい」とのこと。
http://happy-kyontan.seesaa.net/article/42005307.html
ただ、ウィキペディアでは「地区に含まれる湖である呼倫湖(フルン・ノール)と貝爾湖(ボイル・ノール)に因む」との説明がなされている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%82%A4%E3%83%AB%E5%B8%82
また、「MIGIのホームページ」というサイトには、「ホロンバイルの名は草原にある二つの湖、ホロン湖とバイル湖に由来してる。モンゴルの言葉でホロンはカワウソを意味しホロンバイルとはオスのカワウソである」との説明がなされているが、「バイル」が「オス」で、「オス湖」という名前の湖が存在するということなのだろうか。この説明も分かりにくい。
http://www.asahi-net.or.jp/~xm6y-yas/neimenggu-hailaer.htm

2012_0213_111324-IMG_4365.JPG

2012_0213_111326-IMG_4366.JPG

2012_0213_111416-IMG_4368.JPG
「東北自然歩道 種差海岸とうみねこのみち」。

2012_0213_111659-IMG_4382.JPG
展望台に向かう。

2012_0213_111623-IMG_4380.JPG
案内板設置工事中。
「国指定名勝種差海岸
種差海岸階上岳県立自然公園
葦毛崎(あしげざき)展望台
 南部藩は古くから知られた馬産地でした。広大な放牧地の一部であった葦毛崎は、葦毛の馬にちなんで名付けられたと言われています。ここには、太平洋戦争のさ中、時の海軍通信部隊基地の防空伝播探知機が設けられていました。現在は、太平洋の大パノラマが楽しめる展望台として有名です。また、種差海岸天然芝生地に至る5.2qの遊歩道の出発点にもなっています。遊歩道の周辺は、春はフクジュソウ、初夏はニッコウキスゲやハマナス、秋は北限のハマギクなど季節の花が咲き乱れます。耳を澄ませば、ウミネコやイソヒヨドリなどの野鳥のさえずりが聞こえ、青空に映える白亜の鮫角灯台や馬駆ける緑の牧場の牧歌的な風景を見ることができます。初夏の霧の季節には、八戸小唄で「鮫の岬は潮けむり」と唄われた幻想的な景色に出合えるかもしれません。
八戸市観光課」

2012_0213_111510-IMG_4371.JPG
西方向、鮫角灯台を見る。(要拡大)

2012_0213_111516-IMG_4372.JPG

2012_0213_111531-IMG_4374.JPG

2012_0213_111534-IMG_4375.JPG
南方向、「釜の口」を見る。

2012_0213_111557-IMG_4378.JPG

2012_0213_111610-IMG_4379.JPG

2012_0213_112109-IMG_4384.JPG
葦毛崎展望台から1qほど離れた「釜の口」の入り口。

2012_0213_112122-IMG_4385.JPG
「日本の渚百選」に選定された大須賀海岸。鳴き砂で有名。津波により大きくえぐられた跡が残っている。

2012_0213_112147-IMG_4386.JPG

2012_0213_112233-IMG_4388.JPG

2012_0213_112237-IMG_4389.JPG

2012_0213_112302-IMG_4390.JPG

2012_0213_113159-IMG_4398.JPG

2012_0213_112353-IMG_4392.JPG

posted by 神宮威一郎 at 11:45| Comment(0) | 八戸市